【コラム】切手を郵便局で交換後に買取依頼をする-金券ショップおすすめの切手高価買取のテクニック


post_17

意外と知られていませんが、郵便局では未使用の古い切手やはがきを手数料を払えば現在販売されている普通切手やはがき、レターパックなどの商品に交換することができます。

このサービスを利用して、古い小額の記念切手やバラ切手を金券ショップで買い取ってもらうより、その切手を郵便局で普通切手などに交換してから買取り依頼をしたほうが高くなる場合があります。
弊社の2015年4月現在の小額(10円以下)の切手シートの買取レートは額面の83%ほどで、バラになると70%になります。
もし小額切手だけで2万円を超えるようでしたら、郵便局で普通切手などに交換して買取り依頼をしたほうが高価買取りになります。

photo : hiromitsu morimoto

切手を郵便局で交換してから買取り依頼をするとどれくらい違うのか

たとえとして、5円切手を20枚構成のシートで400枚持っているとすると合計4万円です。
これをこのまま買取り依頼をすると83%での買い取りになりますので、33,200円になります。

さて、次にこの5円切手400枚を郵便局で現行の普通切手に交換してもらいます。
ここでは1,000円切手シートに交換した場合を考えてみましょう。
なぜ1,000円切手シートなのかというと、1,000円切手シートの買取りは安定して高買取りの金券ショップが多いからです。
1,000円切手40枚、1,000円切手シートは1シート20枚構成ですので2シートです。
弊社の2015年4月現在の買取レートは93.6%ですので37,440円での買い取りになります。

しかし、交換には手数料がかかります。
切手1枚5円なので「5円×400枚=2,000円」のため、37,440円から2,000円を引いた35,440円が1,000円切手に交換してからの売上げになります。

5円切手のままだと33,200円。
郵便局で交換してから金券ショップに買取り依頼をすると35,440円。
2,240円も買取り価格が高くなります。

切手シートの枚数が少なければ金券ショップでの査定や買取時間もすぐ終わりますし、これだけ差が出るのであれば少し面倒でも郵便局で交換してから買取り依頼をした方がいいのではないでしょうか。