航空株主優待券(ANA・JAL他)の購入(通信販売)

スマホ用jalana5anajal3

▲ANA(全日空)・JAL(日本航空)株主優待番号即納サイトオープン▲

JAL/ANA株主優待番号格安.comは即日で株主優待番号を画像にてお渡しできるサービスとなっており、郵送での商品の到着をお待たせすることなくお手元にお届けします。納品画像はお客様のご登録されたメールアドレス宛てにメールにて、決済後自動納品されます。

JAL/ANA株主優待番号格安.comは番号販売(画像)サイトであり、株主優待券の実券はお送りいたしませんのでご注意ください、またお支払いはクレジットカード決済のみとなっております。
株主優待券(実券)のご送付をご希望の場合は当サイトからご注文くださいませ。

株主優待券(ご配送)通信販売は下記から

店舗別価格一覧はこちら店舗別価格一覧はこちら

※店舗により取扱い価格が異なります。上記のバナーよりご来店予定の店舗をお選びください。

航空株主優待券の格安チケットを金券ショップ チケットレンジャーで販売しております。

航空株主優待券の金券でご希望の商品の数量を入力後「カートへ」ボタンでお入れください。

ご注文方法について(商品検索・金券購入カートのご利用方法

航空株主優待券とは

ANA株主優待券

(例:ANAの株主優待券2017年12月1日から2018年11月30日期限)

 

株主優待割引を設定している会社は、JAL、ANA、エアドゥ、スターフライヤー、ソラシドエアの5社になっています。JAL、ANA、スターフライヤーは、株主優待券1枚で50%の割引、エアドゥとソラシドエアは1枚25%の割引で2枚まで一度に利用できます。いずれにしろ、どの航空会社も50%の割引が受けられるということになります。

 

※株主優待券は株主の方でなくても問題なく購入できかつご利用できます。

 

 ※当店では株主優待券の販売を行っており、航空チケット自体の販売ではございませんのでお客様ご自身でご予約していただく必要がございます。

 

航空株主優待券の強み

株主優待券は通常の航空チケットにない強みが有ります。それはANAを例に見てみると

 

・便の変更やキャンセルが無料である。
・値段に変動が少なく一定である
・旅割などの早割りサービスよりも予約がとりやすい
・時期により早割りより安くなることがある

 

ANAを例にとると、プレミアム旅割(ファーストクラス)などは満席で埋まることが多く、出発前は変更も効かずキャンセル料も40%~60%かかってしまいます。

キャンセル料、チケットの取りやすさなどトータル面で見たら株主優待券は絶対お得なのです!

他の航空会社によって若干優待サービスが異なりますが、これは株主優待券ならではの強みですね。

航空株主優待券はファーストクラスに使える!!

また航空株主優待券はなんとファーストクラスに使えるのです。

 

通常のファーストクラス料金もANA・JALの場合は50%割引きになりますので、夢のファーストクラスも身近に感じますよね。

 

またANAの場合を例にとると以下のような嬉しいサービスがあります。

 

出発前の空港でのラウンジサービスが受けられたり、専用チェックインカウンターが利用できスムーズな搭乗が可能になったりするだけでなく、機内のシートはゆとりある特別なものが利用でき、すべての時間帯で食事、または軽食のメニューが、豊富なドリンクメニューとともに用意されているという手厚いサービスです。

 

最高のおもてなしとサービスを株主優待券で味わってみてはいかがでしょうか。

航空株主優待券はGW・お盆休み・年末年始などの繁忙期でも使える!!

GW・お盆休み・年末年始などの長期休暇が直前になると急に航空券の値段が上がり、普通運賃料金だとかなりお財布が痛いところ。そんな時でも航空株主優待券を使用すれば50%オフになります!

 

もちろん繁忙期だからと言って株主優待券のサービスがご利用出来なくなることはございません。今まで普通運賃でご搭乗していたのでしたらこの機会に株主優待券をご利用ください。

 

繁忙期の航空株主優待券ご利用の際にはいくつか注意点がございます。

 

・長期休暇になりますと、旅行や帰省などで航空券の予約者が殺到するため人気の便や時間帯はすぐ売り切れてしまいます。通常ですと航空券ご予約は2ヶ月前から可能ですので、もし予定がお決まりでしたらお早めの航空券の手配をお薦めいたします。

 

・繁忙期の変更は、予約の入れ違いにより、変更後ご希望の路線に乗れなくなる可能性がございます。航空会社により予約画面などで余裕があるかどうか事前に空席情報を確認し、余裕を持ってご変更ください。

 

空席はインターネットの予約時の空席情報でご覧いただけます。

(例ANAの予約画面)

 

無題3

 

〇余裕あり △残り10-29席 1-9:残りの席数 空席待ち・満席: お選びいただけません

航空株主優待券のご使用方法

前述した通り、航空株主優待券は航空券ではございませんので、そのままで飛行機に搭乗することができません。ここでは事前に株主優待券を使ってどのように航空券を購入するのか、ANAの航空株主優待券を例にその使い方を書いていきたいと思います。

 

無題gg

例:ANA航空株主優待券

 

まずANA株主優待券で確認してほしい部分が以下の3つあります。

 

[1]株主優待券番号
[2]登録用パスワード
[3]登録用コード

[2]登録用派パスワードと[3]登録用コードをコインで削ってコードとパスワードを手に入れましょう。

 

航空株主優待券を使って航空券に変える方法は大きく分けて①PCやスマホ使ってWEB上で購入する方法と、②PCを使わない方法がございます。

 

①PCやスマホ使ってWEB上で購入する方法

a3

ANAのWEB上で上記のように株主優待番号、登録用パスワード、登録用コードを入力します。

 

※スマートフォン上では若干入力画面がことなります。

 

②PCを使わない方法

 

・ANA国内線予約・案内センター

・空港内のカウンター

・旅行会社

・空港内の自動チェックイン機を使う

などで株主優待券を使って航空券を購入することが出来ます。

 

※ご利用の際には株主優待券を必ずご持参ください。

 

詳しく以前書いたコラムにご使用方法の詳細が載っておりますので、是非ご覧ください。

 

【コラム】ANA株主優待割引のご利用方法

株主優待券ご使用上の注意(ANAの場合)

HANEDA-AIRPORT-MUSLIM1

 

株主優待券の有効期限

株主優待券に記載されています。

 

・予約期間
搭乗日予定日の2ヶ月前~搭乗日する当日まで可能です。

 

・ご予約の変更

予約の変更は株主優待案内書に記載されている有効期限内であれば変更は可能です。

 

・払い戻し

ANAウェブサイトにより払い戻しが可能です。払い戻し後、有効期限内に限り株主優待券の登録番号やパスワードを再度ご利用することが出来ます。

株主優待券優待券ご利用時も座席指定をお忘れずに

株主優待券を利用してお安く航空券チケットを手に入れて、次に忘れてならないは座席指定です。株主優待券利用時も、もちろん座席指定が可能ですのでご希望の席を予約しましょう。

 

インターネットでご利用時でしたら航空券ご予約時にそのまま座席をご予約できますが、インターネット以外でご予約した場合でも、後からインターネットから座席指定出来ます。※便出発の直前はご利用が出来ない場合がございますので。各航空会社にお問い合わせください。

 

ここでは前項に引き続きANAを例に見ていきましょう。

 

ANA座席指定ページはこちらになります。

 

1.「座席指定へ」をクリックします。

 

2.「搭乗日」「便名」「予約番号」「搭乗者」をご入力いただきます。

 

3.ご希望の座席を選びます。

 

(例:ANA座席指定画面)

化粧室、スカイビジョン、TVが近い席まで航空機内の構造がお分かりいただけますのでご搭乗当日は安心してお座りいただけます。※航空会社の都合により機種及び席が変更になる場合がございます。

 

4.「座席決定」

 

以上になります。

 

株主優待券ご利用時も快適なフライト時間を過ごすためにも、事前の座席指定をお忘れずに。

 航空株主優待券は絶対お得!

株主優待割引は、やはりなんといっても常時運賃が50%割引という高い割引率が魅力になっています。

 

キャンセル料金や変更を心配しないで安心してチケットを取りたい方、仕事のスケジュールで変更が多い方、株主優待券の方が他のサービスより安く手に入れられるので買いたい方など、株主優待券を是非有効活用していただければと思います。

 

それでは快適な空の旅へいってらっしゃい!!

ページTOPへ戻る

0711-lang-multi

総合TOPへ戻る