【コラム】新幹線「東京-小田原」のお得な最安値をまとめてみた:普通電車か私鉄か?新幹線回数券と時間効率の関係性など


train_19

東京駅から小田原駅に行くとき、新幹線を利用すると2015年4月現在、自由席で3,220円になります。
JRの普通電車で行くと1,450円で、時間にして30分~40分程度違ってきます。
時間はかかっても安く行きたい人は普通電車で、急ぎたい人は新幹線ということになりますね。

ただ、新幹線の人でも少しでも安く乗れたら嬉しいはずです。
そんなときは金券ショップで販売されている「東京⇔小田原」のバラ売りの回数券を利用しましょう。
お店によって価格はさまざまですが、だいたい2,740円前後といった感じで、回数券の定価より安く販売しているお店もあるので一度確認してみるといいでしょう。

また、「新幹線お出かけきっぷ」という2人で乗るなら1人2,315円で乗れる切符もあります。
こちらはJRでしか販売していません。

低価格を追求するならJR以外で行く方法があります。
それは、東京メトロと小田急電鉄を利用する方法です。
「東京⇔代々木上原⇔小田原」の金額は東京メトロが200円で小田急電鉄は830円で、片道1,030円となります。
さらに、ここでまた金券ショップを利用すると「東京⇔代々木上原」が190円になり「代々木上原⇔小田原」を株主優待券利用をりようすれば600円前後で販売されているので、合計で790円前後とかなりお得に利用できます。

お急ぎなら新幹線の回数券のバラ売り、少しでも安く行くなら東京メトロと小田急電鉄がおすすめです。

photo : Wally Gobetz