Jスルーカードの購入(通信販売)

店舗別価格一覧表Jスルーカードを金券ショップ チケットレンジャーで販売しております。

Jスルーカードでご希望の商品の数量を入力後「カートへ」ボタンでお入れください。

ご注文方法について(商品検索・金券購入カートのご利用方法)

 

Jスルーカードとは

jスルーカード

 

Jスルーカード(ジェイスルーカード)は、JR西日本及び近畿日本鉄道(近鉄)で発売されていた額面が1,000円券、3,000円券、5,000円券の※ストアードフェアシステムカード。2008年に発売を終了し、2009年3月1日(日)で自動改札機、自動精算機では使用できなくなった。(wikipediaより)

 

※ストアードフェアシステムとはカードに運賃を貯めておく乗車カードのシステムである。

 

2009年3月2日(月)以降は、自動券売機できっぷに引換えてのご利用のみ可能。近鉄・近鉄バス・明石市営バスにつきましても同様にご利用を終了しました。

 

※金券ショップチケットレンジャーでは、現在でも自動券売機できっぷが購入できることから、Jスルーカード(ジェイスルーカード)の各額面を格安販売しております。きっぷを格安にて購入したい方はぜひご利用ください。

 Jスルーカードの使い方

新しいJR西日本の自動改札システム「Jスルー」に通して利用できましたが、現在は自動券売機にて切符の購入のみ利用可能。

Jスルーカードの自動券売機でのご利用について

2009年3月2日(月) 以降も、JR西日本・近鉄のJスルーカードご利用エリア内の自動券売機できっぷに引換えてご利用いただけます。

 

※JR西日本では、エリア内であってもJスルーカードが使用できない駅があります。

 

■ Jスルーカードの払いもどしについて

・お使いにならなかった「Jスルーカード」の残額は、2009年3月2日(月)以降、カード発行会社にて払いもどしをさせていただきます。(カード発行会社については、カード裏面右下の「JR西日本」「近鉄」の表示でご確認ください。)

※「Jスルーカード」が利用できたエリア内の、JR西日本・近鉄の主要な駅で払いもどしの対応をさせていただきます。

※JR西日本では主要駅に設置された券売機でも払いもどしいたします。

※払いもどしの処理を行った「Jスルーカード」につきましては、お客様のご要望により返却させていただきます。

Jスルーカードの歴史

1999年2月26日の発売開始当初はJR西日本のJスルー導入エリアだけで使用できたが、2001年10月14日からは近畿日本鉄道(近鉄)の一部路線(大阪線青山町駅以西のうち田原本線・吉野線・けいはんな線を除く路線)での使用開始を皮切りに2001年12月15日より伊丹市営バス、2002年には明石市営バスや近鉄バスの一部路線などでも使えるようになった。ただし、伊丹市営バスではICカード乗車券「itappy」の導入準備による運賃箱機種更新に伴い2007年10月31日をもって使用を終了した。

 

発売額はJR西日本での発売開始当初は3,000円、5,000円の2種類のみであった。1,000円券については、発売開始記念の特別デザインカード(2種)を除き発売されていなかったが、1999年8月11日より常時発売されるようになった。小児用のカードは発行されていなかった。(wikipediaより引用)

Jスルーカードの格安販売なら金券ショップチケットレンジャーにお任せください。

Jスルーカードは、現在も自動券売機や自動精算機などでご利用いただけることから、金券ショップチケットレンジャーでは、各額面格安にて販売しております。きっぷをお求めの際には、金券ショップチケットレンジャーでJスルーカードを格安で手に入れてからご利用ください。

 

Jスルーカードは、まだまだきっぷの購入に役に立つので、いざという時に格安で購入しておいて、お財布に忍ばせておくのも一つの手と言えるでしょう。

 

Jスルーカードの格安購入なら金券ショップチケットレンジャーが絶対お得!通信販売でも店舗でも格安価格にて販売しておりますので、Jスルーカードを少しでもお安く、格安で手に入れたい方は金券ショップチケットレンジャーの格安販売をご利用ください。

 

※当サイトにて取り扱いの商品券・株主優待券・ギフトカードなどのチケットはチケットレンジャー(株式会社 ライフインテリジェンス)にて発行しているものではありません。

総合TOPへ戻る