イオカードの購入(通信販売)

店舗別価格一覧表イオカ―ドを金券ショップ チケットレンジャーで販売しております。

イオカードでご希望の商品の数量を入力後「カートへ」ボタンでお入れください。

ご注文方法について(商品検索・金券購入カートのご利用方法)

イオカード(イオカ)とは

 

イオカード(イオカ)は、かつて東日本旅客鉄道(JR東日本)より発売された磁気式のプリペイドカード。イオカードの額面は500円、1000円、3000円、5000円券があり、金券ショップチケットレンジャーでは各額面とも格安価格で販売しております。ご用途に合わせて格安にてご購入くださいませ。

イオカード(イオカ)の使い方

イオカードはそのまま自動改札にカードを通すだけで清算され、残高分だけ利用できました。またイオカードはオレンジカードと同様、自動券売機での切符の購入も可能のほか、乗り越し清算にも利用可能でしたが、2005年3月31日(水)をもって発売終了。

 

またイオカード(イオカ)(磁気式について)の自動改札機の利用停止により、2006 年 2 月 10 日(金)終電をもって自動改札機ではご利用できなくなりました。

 

イオカードは2006 年 2 月 11 日(土)以降も自動券売機、のりこし精算機にて引き続きご利用いただけます。

 

イオカード(イオカ)(磁気式)の払いもどしについて お使いにならなかったイオカード(磁気式)の残額につきましては、2006 年 2 月 11 日(土) 以降、JR東日本の首都圏の主な駅のみどりの窓口にて、無手数料で払いもどしいたします。 なお、払いもどしされましたイオカードにつきましては返却いたしませんので予めご了承くださいま すようお願いいいたします。

 

払い戻し箇所に関してはJRホームページをご覧ください。

 

イオカード(イオカ)の歴史について

イオカード(イオカ)は日本初の※ストアードフェアシステムである。

 

※ストアードフェアシステムとはカードに運賃を貯めておく乗車カードのシステムである。

 

イオカードは、関東圏のJR東日本の駅の自動改札機に直接カードを投入して運賃精算ができた他、自動券売機での乗車券類の購入や、自動精算機での乗り越し精算もできた。

 

イオーカードは、直接入って(in)直接出る(out)ことができるということで、”io-card“と名付けられた。(wikipediaより)

 

イオカードの最盛期の売り上げは、2001年(平成13年)度には868億円の売り上げがあり、オレンジカードの最盛期(1991年度)の約2.5倍の売り上げにまで成長したが、現在はICカードの「SUICA」に移行し、新規のイオカードの発売と自動改札機での利用が終了している。

 

前述したとおりイオカードは自動券売機・自動精算機では現在も引き続き利用が可能。

 

(引用元:JRホームページ、wiipedia)

イオカードの格安販売なら金券ショップチケットレンジャーにお任せください。

イオカードは、現在も自動券売機や自動精算機などでご利用いただけることから、金券ショップチケットレンジャーでは、イオカード各額面格安にて販売しております。きっぷをお求めの際には、金券ショップチケットレンジャーでイオカードを格安で手に入れてからご利用ください。

 

イオカードは、まだまだ精算時に役に立つので、SUICAが主流の現在でも、いざという時に格安で購入しておいて、お財布に忍ばせておくのも一つの手と言えるでしょう。

 

イオカードの格安購入なら金券ショップチケットレンジャーが絶対お得!通信販売でも店舗でも格安価格にて販売しておりますので、イオカードを少しでもお安く、格安で手に入れたい方は金券ショップチケットレンジャーの格安販売をご利用ください。

 

※当サイトにて取り扱いの商品券・株主優待券・ギフトカードなどのチケットはチケットレンジャー(株式会社 ライフインテリジェンス)にて発行しているものではありません。

 

 

 

総合TOPへ戻る