テレホンカード(テレフォンカード)の買取

店舗別価格一覧はこちら

※店舗により取扱い価格が異なります。上記のバナーよりご来店予定の店舗をお選びください。

また、テレホンカード(テレフォンカード)が袋に入っている場合は袋から取り出して中身が確認出来る状態でご送付・お持ち込みをお願いいたします。

テレホンカード(テレフォンカード)を金券ショップチケットレンジャーで買取しております。

テレホンカード(テレフォンカード)の金券でご希望の商品の数量を入力後「見積する」ボタンでお入れください。

ご売却(買取)について

テレホンカード(テレフォンカード)の買取についてのご相談等

テレホンカード(テレカ・テレホンカード)のデザイン

7518  7520

 

テレホンカード(テレフォンカード)の買取についてのご相談

金券ショップチケットレンジャーではテレホンカード(テレフォンカード)の買取についてご不明な点や大口買取・法人様等に幅広くご対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

 

買取のお問い合わせ・無料査定

 

※なお、株主優待物(金券・チケット以外の「現物商品(食料品や雑貨品等)」は買取ができない場合がございますが金券・チケットとあわせてお持ちのお客様(法人様・大口様も歓迎)はご相談ください。

 

テレホンカード(テレフォンカード)の買取の注意事項

金券ショップ チケットレンジャーへテレホンカード(テレフォンカード)の買取をご希望で、ご送付あるいは店舗持込により最終的にご売却をご希望の場合には、弊社到着期限(あるいは店舗持込期限)を個別にお知らせいたしますので期限日までにお品物が到着するようご手配ください。

 

金券ショップ チケットレンジャーではテレホンカード(テレフォンカード)の買取の際に買取価格をご提示した場合でも以下の場合においてチケットを買取できない(あるいはマイナス査定の対象となる)場合がございますのでご不明な点がございましたらお問い合わせください。

  • テレホンカード(テレフォンカード)の折れ曲がり、黄ばみなど商品の状態が著しく悪い場合
  • テレホンカード(テレフォンカード)の有効期間が商品詳細に記載の条件を満たしていない場合
  • テレホンカード(テレフォンカード)を事前連絡なく店舗へお持込されても弊社が買取できかねる事情があった場合
  • その他弊社がテレホンカード(テレフォンカード)を買取できかねる事情があったと判断した場合

 

店舗当日お持込の流れはコチラ!

 

金券ショップチケットレンジャーでは、テレホンカード(テレフォンカード)の買取を弊社保有在庫枚数や有効期限の状況を加味した上で決定しており、買取価格が日々変動する場合がございます。

 

金券ショップチケットレンジャーの各店舗でテレホンカード(テレフォンカード)の買取の際に、総額1万円以上の買取金額を現金で支払う場合には、お客様の身分証明書のご提示をお願いする場合がございます。

 

郵送買取(ご送付での買取)をご希望のお客様は、買取の総額が1万円未満の場合でも、身分証明書が初回登録申込時には必要となります。詳細は郵送買取(ご送付による買取)の流れでご確認ください。

 

ご送付で商品を送りたい方はコチラ!

 

その他ご利用方法についてご不明な点がございましたらお客様ご利用ガイドお問い合わせをご利用ください。

 

買取のお問い合わせ・無料査定

 

テレホンカード(テレフォンカード)の詳細情報

テレホンカード(テレフォンカード)とは、日本の公衆電話で使用可能なプリペイド式のカードです。発行元はNTTグループのNTTカードソリューションです。テレカと呼ばれることも多いです。

 

テレホンカード(テレカ・テレフォンカード)がなかった時代は、長時間通話をする際、小銭を投入し続けなければならなかったが、テレホンカード(テレカ・テレフォンカード)の普及により、その手間は省かれるようになりました。

また、1度数(10円単位)で引き落とされるため、無駄がないところがテレホンカードのメリットです。

 

テレホンカード(テレフォンカード)の現状

1990年代半ばから携帯電話の普及に伴い、公衆電話の利用率が減少しました。

 

そのため、テレホンカード(テレカ・テレフォンカード)の利用客を減少、さらに公衆電話の設置箇所・設置台数は年々減少していることもあり、テレホンカード(テレカ・テレフォンカード)を利用する場所もなくなっているのが現状です。

 

また、小銭不要で外でも電話が掛けられるテレホンカード(テレカ・テレフォンカード)の利便性はなくなってきております。

 

ICテレホンカード(ICテレカ・ICテレフォンカード)

1999年『偽造テレホンカード対策』として、ICテレホンカード(ICテレカ・ICテレフォンカード)と、これに対応する公衆電話が登場しました。

 

しかし、その頃には既に携帯電話・PHSの普及が広まり、公衆電話の需要は縮小。

 

また、従来の磁気専用公衆電話では使用することが出来ず、また逆にIC対応公衆電話では、従来の磁気テレホンカード(テレカ・テレフォンカード)を使用することが出来ませんでした。

 

そのため、世間的にあまり普及しなかった制度といえます。

オートダイヤルカード

カードを挿入すると、自動的に指定の番号にダイヤルされるオートダイヤルカードが存在します。

オートダイヤルカードの種類はいろいろあります。

  • カードに度数(1度数:10円単位)があり、カードを挿し込むと登録された番号に発信するカード
  • 度数はないが、カードを挿し込むと指定の”フリーダイヤル”に発信するカード
  • オートダイヤルカードをの機能を用い、クレジットカードサービスを受けられる「カードC」

テレホンカード(テレカ・テレフォンカード)の電話料金への充当

未使用のテレホンカード(テレカ・テレフォンカード)であれば、NTT東日本・NTT西日本の固定電話の支払いに充当することが出来、請求された通話料金以上の支払いをテレフォンカード(テレホンカード)で支払った場合、翌月に繰り越されます。

 

現在のNTT営業窓口では、直接窓口で充当処理を受け付けておりません。テレホンカード(テレカ・テレフォンカード)を固定電話の支払いに充当したい場合は、各地域を担当する料金センターへその旨を伝えれば充当申込書が郵送されるので、その充当申込書と充当するテレホンカード(テレカ・テレフォンカード)を同封の封書にて返送すれば、手続きが完了次第、通話料に充当されることになっております。

 

テレホンカード(テレフォンカード)の買取は金券ショップチケットレンジャーにぜひお見積・ご依頼ください

テレホンカード(テレフォンカード)の買取を金券ショップチケットレンジャーでは受け付けております。

 

会員登録がまだお済でない方は、ぜひ新規会員登録よりご登録ください!

 

新規会員登録はコチラ!

 

テレホンカード(テレフォンカード)に関するコラム

現在、金券の達人ではテレホンカード(テレフォンカード)に関するコラムを掲載しております。

【コラム】テレホンカード(テレカ・テレフォンカード)の買取はお得?

 

金券の達人では、その他金券にまつわるコラムを多数掲載しております。

↓↓ぜひご覧ください↓↓

金券の達人はコチラ!

総合TOPへ戻る