切手の仕分けのお願い

切手の買取の際に、店舗持込の場合でも、郵送(ご送付による買取)の場合でも、切手の仕分けをお願いいたします。以下の仕分け基準にしたがって、お手数ではございますが仕分けをした状態での買取レートのご案内となります。

切手の種類別での仕分け方のご案内

以下に、切手(バラ)・切手(シート)・切手(台紙貼り)・切手(シート・バラ共通およびその他の特殊額面構造など)にわけて、仕分けの方法をご案内させていただきます。

なお、切手についてはお客様がお持ちの切手によってベストな対応がある場合もございますので、ご不明な点がございましたら「切手なんでも高価買取ご相談ダイヤル(03-6757-7044)」またはお問い合わせフォームでお問い合わせください。

切手(バラ)を店頭持込およびご発送の際のご注意とお願い

(a)切手の額面ごとに袋にお分けください。
(b)同一額面が50枚を超える場合は50枚ごとに袋にお分けください。

※同一額面であれば、切手の仕様(普通切手と記念切手のちがい・大小・絵柄など)は特に問いません。
※上記(a)(b)の2点をご考慮いただかずに店頭持込およびご発送をされた際には、お返しあるいはご返送もしくは額面の5%マイナスで買い取らせていただきますことをあらかじめご了承下さい。
※異なる額面の切手を混合したまま店頭持込およびご発送をされた場合には、お返しあるいはご返送もしくは額面の5%マイナスで買い取らせていただきますことをあらかじめご了承下さい。

150622-3
(a)切手の額面ごとに袋にお分けください。
(b)同一額面が50枚を超える場合は50枚ごとに袋にお分けください。上の画像の例ですと、15円切手50枚を1袋に入れて袋に「50」と記載しております。

切手(シート)を店頭持込およびご発送の際のご注意とお願い

(a)切手フォルダや保管用紙(油紙・ビニル袋・厚紙など)に入っている際は、お取り出しください。
※なお、万一切手フォルダや保管用紙にお入れになったまま店頭持込およびご発送をされた際には、当該物一式のお返しはできませんのであらかじめご了承下さい。
(b)額面ごと・シート内同一枚数(面数)ごとにクリップ等でおまとめください。
※同一額面・シート内同一枚数(同一面数)であれば、切手の仕様(普通切手と記念切手のちがい・大小・絵柄など)は特に問いません。
※上記(a)(b)の2点をご考慮いただかずに店頭持込およびご発送をされた際には、お返しあるいはご返送もしくは額面の5%マイナスで買い取らせていただきますことをあらかじめご了承下さい。
※異なる額面の切手を混合したまま店頭持込およびご発送をされた場合には、お返しあるいはご返送もしくは額面の5%マイナスで買い取らせていただきますことをあらかじめご了承下さい。

150622-5
(a)切手フォルダや保管用紙(油紙・ビニル袋・厚紙など)に入っている際はお取り出しください。

150622-6
(b)額面ごと・シート内同一枚数(面数)ごとにクリップ等でおまとめください

切手(台紙貼り)を店頭持込およびご発送の際のご注意とお願い

■バラ切手を台紙にお貼りいただくと高価買取が可能です。
■台紙への貼り方は以下の点をご注意いただけますよう宜しくお願いいたします。

(a)台紙はA3用紙あるいはA4用紙を2枚よこにならべて接続させた用紙をご用意下さい。

【A4用紙を2枚並べて作る場合の良い例・悪い例】
◯良い例
台紙貼り◯
◯台紙の紙が重なっていない。
◯裏面がテープでしっかりと止まっている。

×悪い例1
台紙貼り
×台紙の紙を重ねて糊で止めている。

×悪い例2
台紙貼り×2
×きちんと止まっていない
※2枚が剥がれないように止めてください。

※用紙の種類は無地で白地(白系統)の用紙あるいはわら半紙であれば特に問いません。

(b)スポンジやふきんなどを利用して切手を台紙にしっかりと貼り付けて下さい。

※はがれそうな切手のないようにお願いいたします。

(c)1枚の台紙に同一額面の切手を50枚(10列×5行)で貼り付けて下さい。

(例)切手間の隙間については特に問いませんが、体裁よく50枚をお貼りいただければ問題ございません。

(d)最後に、右下に額面と枚数および合計金額をご記入下さい。

(例)50円切手を50枚お貼りいただいた場合は「50円×50枚=2,500円」とご記入下さい。
※同一額面であれば、切手の仕様(普通切手と記念切手のちがい・大小・絵柄など)は特に問いません。   ※上記(a)(b)(c)(d)の4点をご考慮いただかずに店頭持込およびご発送をされた際には、お返しあるいはご返送もしくは額面の5%マイナスで買い取らせていただきますことをあらかじめご了承下さい。
(例)B4用紙で貼った/チラシの裏を台紙として扱った/1枚の台紙に50枚以外の枚数が貼られている/合計金額の表示に誤りがある など

150622-7
(a)台紙はA3用紙あるいはA4用紙を2枚横に並べて接続させた用紙をご用意ください。
(b)スポンジやふきんなどを利用して切手を台紙にしっかりとお貼り切手フォルダや保管用紙(油紙・ビニル袋・厚紙など)に入っている際はお取り出しください。
(c)1枚の台紙に同一額面の切手を50枚(10列×5行)でお貼りください。
(d)右下などあいているスペースに額面と枚数および合計金額をご記入ください。

台紙貼り切手についてのご注意:買取不可品について

台紙貼り切手について、以下の場合は「買取不可」とさせていただきます。

  • ※台紙に切手をお貼りになる際には、切手が破れないようにお貼り下さい。
  • ※破れた切手や欠けた切手、額面が不鮮明な切手など通常の状態から乖離している切手は買取不可となります。あらかじめご了承ください。

切手でのよくあるご注意とお願い

(よくあるご注意その1)
額面表示が「○+▲」となっている切手は寄付金付切手のため、「+▲」の金額は額面には含まれませんことをあらかじめご了承下さい。

(例)「7+3」と書かれている切手は「額面7円扱い」、「5+5」と書かれている切手は「額面5円扱い」となります。

150622-8
(1)上の画像の例の場合「50+10」と書かれている切手なので「額面50円扱い」となり、数量のカウントの際には50円切手(記念切手)扱いをしてください。したがって「+10」の表記のない寄付金付切手ではない「額面50円」切手と同じ取り扱いをお願いします。くれぐれも「60円切手(記念切手)」としてカウントをしないようお願いいたします)

(よくあるご注意その2)
以下の切手は買取不可となります。あらかじめご了承下さい。

  • 破れた切手
  • 欠けた切手>
  • 額面が不鮮明な切手
  • その他通常の状態から乖離している切手

↓(2)買取不可の切手の例となります。ご参考にしてください。なお、ご不明な点がございましたらお電話にてお問い合わせ下さい。

150622-9

・上の画像のように、切手の一部(絵柄など)がはがれている切手は買取不可となります。はがれている部分は、額面の部分のほか切手の一部がはがれていたり著しく汚れていたりすると買取不可となりますのでご了承下さい。

・2枚目の画像画像のように、切手の一部(絵柄など)が欠けている切手は買取不可となります。欠けている部分は、額面の部分のほか切手の一部がはがれていたり著しく汚れていたりすると買取不可となりますのでご了承下さい。

kitte_ichiran
切手なんでも高価買取ご相談ダイヤル 買取MAX93.2%

切手のご売却に関する他のページもご覧ください

切手の高価買取ご相談ください-店舗持込OK・郵送OK
切手買取の手順(店舗持込の場合)
切手買取の手順(郵送(ご送付)の場合)
切手買取価格(買取率)一覧表
切手買取価格をもっとあげるワンポイントアドバイスのご紹介