横浜三渓園入園券の高価買取なら金券ショップへ

横浜三渓園入園券の高価買取一覧

横浜三渓園入園券の高価買取 高価買取価格
横浜三渓園 入園券
お問い合わせ
横浜三渓園 ご招待券
詳細はこちら

横浜三渓園入園券は金券ショップチケットレンジャーで買取中!

横浜三渓園入園券各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

横浜三溪園入園券について

横浜三溪園入園券とは、横浜市中区にある庭園「三溪園」にてご利用いただくことの出来るチケットとなります。

横浜三溪園入園御招待券について

横浜三溪園入園御招待券は、有効期間内にご利用いただければ、横浜三溪園の入園が無料となるチケットとなります。

横浜三溪園入園御招待券1枚につき、お一人様1回限り有効となります。

横浜三溪園入園御招待券には、駐車料金は含まれておりません。

65歳以上の横浜市内在住の方は「溶ともカード」のご提示により入園無料となります。

横浜三溪園入園券ご利用可能な三溪園について

三溪園※引用:Wikipedia

横浜三溪園入園券ご利用可能な三溪園は、横浜市中区にある庭園です。
175,000m2に及ぶ敷地に17棟の京都や鎌倉などから移築された日本建築が配置されており、実業家で茶人の原三溪によって1906年に造園されました。
現在は公益財団法人三溪園保勝会が運営しております。

東京湾を望む横浜の東南部・本牧に広がる広大な土地は、1902年頃から造成が始められ、1914年に外苑、1922年に内苑が完成致しましたが、戦災により大きな被害を受けてしまいます。
しかし、1953年、原家から横浜市に譲渡・寄贈されるのを機に、財団法人三溪園保勝会が設立され、復旧工事を実施し現在に至ります。

横浜三溪園の内苑には、「臨春閣」・「白雲邸」・「旧天瑞寺寿塔覆堂」・「月華殿」等があり、外苑には「鶴翔閣」・「林洞庵」・「横笛庵」・「旧燈明寺三重塔」などが存在します。
内苑、外苑にある建築物のほとんどが国の重要文化財に指定されております。

横浜三溪園では、四季折々の花々をお楽しみいただくことが可能となっており、春にはユキヤナギやサクラ、ヤマブキなどが、夏にはスイレン、ハナショウブ、アジサイなど、秋にはモミジやヒガンバナなど、冬にはスイセンやツバキなどをご覧いただくことが出来ます。

【原三溪について】
原三溪(本名:原富太郎)とは、岐阜県厚見郡佐波村(現在の岐阜県岐阜市柳津町)で代々に渡り、庄屋をつとめた青木家の長男として生まれました。

1888年(明治21)頃に跡見学校の助教師になり、1891年(明治24)に、教え子であった原善三郎の孫娘、屋寿と結婚し、原家に入籍。
原家の家業を継ぐと、個人商社を合名会社へと改組、生糸輸出を始めるなどの経営の近代化と国際化に力を入れ、実業家として成功を収めました。

実業家以外にも様々な面を持ちあわせた三溪は、住まいを本牧・三之谷へ移すと古建築の移築を開始し、1906年三溪園を無料開園するほか、美術品の蒐集や芸術家の支援・育成を行いました。
※引用:三溪園ホームページ