山種美術館チケットの高価買取なら金券ショップへ

山種美術館チケットの高価買取一覧

山種美術館チケットの高価買取 高価買取価格
山種美術館 【特別展】桜 さくら SAKURA 2020 美術館でお花見!
詳細はこちら
山種美術館 上村松園と美人画の世界
詳細はこちら
山種美術館 東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ―色で読み解く日本画―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 seed 山種美術館 スーパーご長寿 若冲・北斎・大観・土牛(終了)
詳細はこちら
山種美術館 東山魁夷の青・奥田元宋の赤 ―色で魅せる日本画―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 大観・春草・玉堂・龍子 ―日本画のパイオニア―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 生誕125年記念 速水御舟(終了)
詳細はこちら
山種美術館 花・Flower・華 ―四季を彩る―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展】生誕130年記念 奥村土牛(終了)
詳細はこちら
山種美術館 奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 Seed 2016 山種美術館日本画アワード ―未来をになう日本画新世代―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 山種コレクション名品選Ⅰ
江戸絵画への視線 ―岩佐又兵衛から江戸琳派へ―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 山種コレクション名品選Ⅱ
浮世絵 六大絵師の競演 ―春信、清長、歌麿、写楽、北斎、広重―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造―
(終了)
詳細はこちら
山種美術館 山種コレクション名品選Ⅲ
日本画の教科書 京都編 ―栖鳳、松園から平八郎、竹喬へ―
(終了)
詳細はこちら
山種美術館 山種コレクション名品選Ⅲ
日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 開館記念特別展Ⅲ 大観と栖鳳―東西の日本画―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 開館記念特別展Ⅳ 生誕120年 奥村土牛(終了)
詳細はこちら
山種美術館 開館記念特別展Ⅴ
浮世絵入門―広重≪東海道五拾三次≫一挙公開―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 開館記念特別展Ⅵ 江戸絵画への視線
―岩佐又兵衛《官女観菊図》重要文化財指定記念―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 開館1周年記念特別展 日本画と洋画のはざまで(終了)
詳細はこちら
山種美術館 日本美術院の画家たち-横山大観から平山郁夫まで-(終了)
詳細はこちら
山種美術館 歴史を描く―松園・古径・靫彦・青邨―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 ボストン美術館 浮世絵名品展
錦絵の黄金時代―清長・歌麿・写楽―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 百花繚乱―桜・牡丹・菊・椿―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 美しき日本の原風景―川合玉堂・奥田元宋・東山魁夷―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 夏休み企画 日本画どうぶつえん
―栖鳳《班猫》/御舟《炎舞》特別公開―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 歌舞伎座建替記念特別展 知られざる歌舞伎座の名画(終了)
詳細はこちら
山種美術館 山種美術館創立45周年記念特別展
ザ・ベスト・オブ・山種コレクション (終了)
詳細はこちら
山種美術館 和のよそおい ―松園・清方・深水―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 桜・さくら・SAKURA 2012 ―美術館でお花見!―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 生誕120年 福田平八郎と日本画モダン(終了)
詳細はこちら
山種美術館 夏休み企画 美術館で旅行!―東海道からパリまで―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】没後70年 竹内栖鳳―京都画壇の画家たち―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 生誕100年 髙山辰雄・奥田元宋 ―文展から日展へ―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】琳派から日本画へ ―和歌のこころ・絵のこころ― (終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】百花繚乱―花言葉・花図鑑―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】生誕140年記念 川合玉堂
―日本のふるさと・日本のこころ―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 再興院展100年記念 速水御舟 ―日本美術院の精鋭たち―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】小林古径生誕130年記念 古径と土牛(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】Kawaii 日本美術
―若冲・栖鳳・松園から熊谷守一まで―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】富士山世界文化遺産登録記念 富士と桜と春の花(終了)
詳細はこちら
山種美術館 クールな男とおしゃれな女 ―絵の中のよそおい(終了)
詳細はこちら
山種美術館 水の音 ― 広重から千住博まで ―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】 輝ける金と銀 ―琳派から加山又造まで―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】没後15年記念 東山魁夷と日本の四季(終了)
詳細はこちら
山種美術館 花と鳥の万華鏡(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】上村松園 生誕140年記念
松園と華麗なる女性画家たち(終了)
詳細はこちら
山種美術館 前田青邨と日本美術院 ―大観・古径・御舟―(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】琳派400年記念 琳派と秋の彩り(終了)
詳細はこちら
山種美術館 【特別展】《裸婦図》重要文化財指定記念 村上華岳
―京都画壇の画家たち(終了)
詳細はこちら

山種美術館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

山種美術館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

山種美術館について

yamatane
※引用:Wikipedia
山種美術館とは、東京都渋谷区広尾にある日本画専門の美術館であり、公益財団法人山種美術財団によって管理・運営されております。

山種美術館は、山種証券(現・SMBCフレンド証券)の創立者である山崎種二が個人で集めたコレクションをもとに、1966年7月、東京・日本橋兜町に日本初の日本画専門美術館として開館致しました。

2009年10月には美術館を新築・移転し、「21世紀における日本画の普及」に取り組んでいます。

山種美術館では長期間の展示に弱い日本画を管理し、定期的に企画展を開催しております。
また、日本各地に所蔵作品の移転展示をしている。有名日本画家の作品や重要文化財を所蔵しており、作品の質は高いとされております。

山種美術館の展覧会はさまざまなテーマで、所蔵品を中心に毎年6~7回開催しております。

山種美術館は2016年で創立50周年を迎えます。
21世紀のグローバル化した世界に向け、日本固有の財産である日本画の魅力を伝えていくために、国籍や性別、年齢を問わず、世界のさまざまな人々に親しんでいただけるよう、新たにシンボルマークをつくりました。

2009年に新築されたビル「ワイマッツ広尾」は、「品位と格調のある建築」「時代に流されない普遍的な価値」「ゆとりを感じられる居心地の良い空間」をコンセプトとして設計されました。

外観は、美術館らしくなおかつ周囲に溶け込むような佇まいが感じられ、短冊状に連続する自然石の重なりの中に1階のロビーだけが見える構成となっています。
開放感あふれるロビーから、地下1階の展示室へと至る階段脇の壁面(ロビー入口正面)には、加山又造の陶板壁画《千羽鶴》が常設され、美術館の顔としてお客様をお迎えしております。

山種美術館ミュージアムショップ~美術館の中のもうひとつの美術館~

山種美術館ミュージアムショップでは、「もうひとつの美術館」をコンセプトにオリジナル商品を展開しております。
展示中の作品にちなんだ商品も販売しており、作品の余韻に浸らせてくれる商品も多数ございます。

日本画に描かれる季節折々の情景、繊細でありながら目がはなせなくなるような絵の具の色合い、和紙の風合いといった山種美術館のコレクションの持ち味を存分に生かし、ミュージアムグッズをデザインしております。
なんと商品のプロデュースは館長兼理事長である山崎妙子氏が行っているそうです。

山種美術館ミュージアムショップは、展示スペースと展示スペースの間にございますので、鑑賞中でも足を運ぶことが出来ます。
鑑賞中にショップに足を運べるという点で、他の美術館にはない特徴といえるのではないでしょうか。

また、山種美術館ミュージアムショップのみのご利用も可能となっております。

山種美術館ミュージアムショップの営業時間は10時から17時までとなっておりますが、展覧会により変更になることもございます。
休業日は、山種美術館の休館日に準じます。

山種美術館「Cafe椿」~美術鑑賞の余韻の中で過ごす心地よいカフェ~

山種美術館1階エントランスに隣接している「Cafe 椿」は、山種コレクションの中でも人気の高い速水御舟《名樹散椿》(重要文化財)から名づけられました。

山種美術館「Cafe椿」の特製和・洋菓子やオリジナルメニューを取り揃えております。

和菓子に関しては、展覧会ごとに出品作品に描かれた花や果物、動物などのモチーフを選び、青山の老舗菓匠「菊家」に特別にオーダーした「Cafe 椿」オリジナルのものです。

カフェのみのご利用も可能となっており、和菓子はお持ち帰りいただくことも可能です。

山種美術館「Cafe椿」の営業時間は10時から17時までとなっておりますが、展覧会により変更になることもございます。
休業日は、山種美術館の休館日に準じます。