豊田市美術館チケットの高価買取なら金券ショップへ

豊田市美術館チケットの高価買取一覧

豊田市美術館チケットの高価買取 高価買取価格
豊田市美術館 久門剛史
詳細はこちら
豊田市美術館 岡﨑乾二郎
詳細はこちら
豊田市美術館 2019年度 コレクション III
詳細はこちら
豊田市美術館 あいちトリエンナーレ2019 情の時代(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 クリムト展 ウィーンと日本 1900(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 2019年度 コレクション Ⅱ(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 ブリューゲル展-画家一族150年の系譜(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 初のとき山口啓介|カナリア(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 時と意識-日付絵画とコレクション(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 荒木経惟 往生写集一顔・空景・道(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 ジャン・フォートリエ(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 夏休み子どものプログラム(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 ソフィ・カル-最後のとき/最初のとき(終了)
詳細はこちら
豊田市美術館 わたしたちのすがた、いのちのゆくえ(終了)
詳細はこちら

豊田市美術館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

豊田市美術館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

豊田市美術館について

toyoda2
※引用:Wikipedia

豊田市美術館とは、、愛知県豊田市にある公立美術館で、1995年に開館しました。

20世紀美術とデザインの収蔵、現代美術の意欲的な企画展で全国的に知られ、また漆芸で高名な作家・髙橋節郎の作品を収蔵する髙橋節郎館を併設しております。

豊田市美術館の建築は、土門拳記念館や葛西臨海水族園、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、ニューヨーク近代美術館新館などを手がけた谷口吉生氏によるものです。

豊田市美術館が収蔵しているコレクションは、20世紀初頭の日本画、アーツ・アンド・クラフツ運動、ウィーン分離派、バウハウス、シュルレアリスムに属する作家の美術作品、同時期の家具などデザイン作品にはじまり、20世紀の主な美術運動を網羅し、1990年代以降の日本における現代美術の作品までを収集しております。

またアルテ・ポーヴェラなど戦後のイタリア美術の作品ほか、ヨーロッパの戦後美術の主要な作家にも焦点をあてて蒐集しており、そちらに関連した古代・中世の美術品などの大型展覧会を行うこともございます。

豊田市美術館では、美術の普及活動にも力を入れており、美術作家を招いて、児童生徒らに対する教育普及活動やワークショップも頻繁に行っております。

開館20周年を迎えた豊田市美術館は、バリアフリー化を含むリニューアル工事のための1年間の休館致しました。
記念すべき2015年にはさまざまな取り組みを行っておりました。

豊田市美術館のコレクションや、建築、教育普及を中心とした展覧会やイベントを行っております。
開館20周年を迎えた今ここを基点に、これまでの、そしてこれからの美術館を考える、時をテーマにした2つのコレクション展を開催致しました。

また、美術品を展示するだけではなく、よりお客様に楽しんでいただけるように音楽、ダンス、ワークショップなどのイベントを開催しております。

豊田市美術館ご利用方法

豊田市美術館の観覧料は常設展の場合一般が300円、高校生・大学生は200円、小学生・中学生は無料にてご利用いただけます。

団体20名以上でのご利用の場合は各50円引きにてご観覧いただけます。

豊田市美術館のチケットをご購入いただくと、当日に限り再入場いただくことが出来ます。

豊田市美術館では車椅子やベビーカーの貸し出しを行っております。
お問い合わせは豊田市美術館1階チケットカウンターへ。

豊田市美術館で展示されている作品に触ってはいけません。

豊田市美術館建造物や常設展示に限り撮影が可能となっております。
ただし、館内ではフラッシュや三脚の使用は出来ません。

豊田市美術館でご使用可能な筆記用具は鉛筆に限ります。

豊田市美術館は飲食禁止です。
また、禁煙となっております。

豊田市美術館では、所定の位置にカサ立てが用意されておりますので、そちらにカサをかけておきましょう。

豊田市美術館には、コインロッカーが用意されております。
大きな手荷物をお持ちの方は、コインロッカーをご利用ください。