東京国立博物館チケットの高価買取なら金券ショップへ

東京国立博物館チケットの高価買取一覧

東京国立博物館チケットの高価買取 高価買取価格
東京国立博物館 特別展「法隆寺金堂壁画と百済観音」
詳細はこちら
東京国立博物館 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
詳細はこちら
東京国立博物館 特別展「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」
詳細はこちら
東京国立博物館 日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 特別展「始皇帝と大兵馬俑」(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 高知・愛媛の考古学(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 中国史跡写真(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 寿ぎと絵替わりの美―扇散らし―(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 白氏詩巻(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 鷹見泉石像(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 特別展
「生誕150年 黒田清輝─日本近代絵画の巨匠」(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 ヴ特別展
「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 フィリップス・コレクション展(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 国宝 檜図屏風(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 東京国立博物館コレクションの保存と修理(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 南京の書画―仏教の聖地、文人の楽園―(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 特別展
「コルカタ・インド博物館所蔵 インドの仏 仏教美術の源流」(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 国宝 花下遊楽図屏風(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 親と子のギャラリー 美術のくにの象めぐり(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 日御碕神社の甲冑と模写図(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 パシェリエンプタハのミイラ(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 平治物語絵巻 六波羅行幸巻(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 平成27年 新指定 国宝・重要文化財(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 特別展「鳥獣戯画─京都 高山寺の至宝─」(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 鳥獣戯画と高山寺の近代
-明治時代の宝物調査と文化財の記録-(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 和歌体十種・和歌体十種断簡(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 平成26年度新収品(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 古今和歌集序(巻子本)(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 呉服商「大彦」の小袖コレクション(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 清時代の書(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 随身庭騎絵巻(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 養生と医学(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 能面 女面の表情(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 キリシタン関係遺品にみる聖母マリア信仰(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 「クレオパトラとエジプトの王妃展」(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 親と子のギャラリー ミイラとエジプトの神々(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 源頼朝書状(宝簡集 巻第二のうち)(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 後水尾院と江戸初期のやまと絵(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 春日権現験記絵模本Ⅱ―神々の姿―(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 漢・唐時代の陶俑(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館
「アート オブ ブルガリ  130年にわたるイタリアの美の至宝」(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 秋萩帖(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 中国書画精華―日本における受容と発展―(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 博物館でアジアの旅(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 江戸の写生図―可憐なる花卉図の源泉―(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 山水屏風(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 後藤一乗 幕末の華やかな刀装と絵図(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 伊能忠敬の日本図(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 須恵器の展開(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 一遍と歩く 一遍聖絵にみる聖地と信仰(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 千手観音像(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 観楓図屏風(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 顔真卿と唐時代の書(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 秋冬山水図(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 博物館に初もうで(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 松林図屏風(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 江戸幕府御用絵師板谷家の仕事(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 藍瑛とその師友-家族と工房-(終了)
詳細はこちら
東京国立博物館 善無畏像・慧文大師像(終了)
詳細はこちら

東京国立博物館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

東京国立博物館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

東京国立博物館について

kokuritsu
東京国立博物館とは、日本と東洋の文化財(美術品、考古遺物など)の収集保管、展示公開、調査研究、普及などを目的として独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館です。
東京国立博物館は、「本館」・「表慶館」・「 東洋館」・「平成館」・「法隆寺宝物館」の5つの展示館と資料館その他の施設からなります。
引用:Wikipedia

東京国立博物館は、日本を中心に広く東洋諸地域にわたる文化財を収集・保管して公衆の観覧に供するとともに、これに関連する調査研究および教育普及事業等を行うことにより、貴重な国民的財産である文化財の保存および活用を図ることを目的としております。
「保存」・「公開」をすることにより貴重な文化財を大切に守りながらも日本の伝統と文化を未来に継承していくことを目標としております。
さらに、今後の日本を担っていく若者達に、日本や東洋の伝統文化に触れ、歴史を学び、美術を観賞する楽しさを体験して欲しいという思いから、スクール・プログラム、親子で参加するワークショップなど、広く博物館が教育や文化普及の場となるような事業に力を入れております。

東京国立博物館は、1872年3月10日に文部省博物局が湯島聖堂大成殿において最初の博覧会を開催したとき、日本最古の博物館として創設され、2012年には創設140周年を迎えました。

東京国立博物館は開館後間もなく内山下町に移転、次いで1882年に上野公園に移りました。

1917年には、かの有名な森鴎外が総長に就任しておりました。

  • 森鴎外
    森鴎外とは、1862年2月17日生まれの、日本明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=中将相当)、官僚(高等官一等)。
    森鴎外の代表作である「舞姫」は、森鴎外が4年間ドイツへ医学を学ぶために留学した時の体験を元に執筆されており、高雅な文体と浪漫的な内容が特徴の作品です。
    晩年は、1916年4月、任官時の年齢が低いこともあり、トップの陸軍省医務局長を8年半つとめて退き、予備役に編入され、その後の1918年12月、帝室博物館(現東京国立博物館)総長兼図書頭に、翌年1月に帝室制度審議会御用掛に就任しました。
    1922年7月9日午前7時すぎ、親族と親友の賀古鶴所らが付きそう中、腎萎縮、肺結核のために死去。

1923年関東大震災による影響で、旧本館が損壊し、翌年まで休館を余儀なくされました。
東京国立博物館という名称になったのは、1952年のことです。

東京国立博物館の中でも特に有名となったのは、1974年に開催された「モナ・リザ展」で、入場者数は過去最高の151万人を記録しました。

東京国立博物館託児サービス

東京国立博物館では、子育て中のお客様にゆっくりと展覧会を楽しんでいただくため、託児サービス「イベント託児・マザーズ」を実施しております。

対象年齢は、3ヶ月以上から未就学児までとなっており、0歳児には「マンツーマン託児」、1歳児には2名様に1人、2歳児以上は3名様に1人のシッターが対応致します。
また、ご利用料金は、0から1歳児は2,000円となっており、2歳児以上は1,000円となっております。

ご利用方法につきましては、お電話にて事前予約制となっております。
ご予約に際し、お子様を安全にお預かりするためにアレルギーや既往歴などについてたずねられます。

予約当日は正門プラザ内インフォメーションカウンターにお越しください。係員が託児場所までご案内してくれます。

定員に限りがございますので、お早めのご予約をオススメ致します。
また、当日の予約状況によっては、当日の申し込み・お支払いも可能となります。

東京国立博物館託児サービス「イベント託児・マザーズ」のご利用日時は原則毎月第1、第3土曜日、第2、第4水曜日の12:30から15:30(受付開始 12:30から)となります。
※東京国立博物館の都合により実施日程は変更となる場合がございます。