すみだ水族館入園券の高価買取なら金券ショップへ

すみだ水族館入園券入園券の高価買取一覧

すみだ水族館入園券の高価買取 高価買取価格
すみだ水族館 入館券
詳細はこちら
すみだ水族館 ご招待券
お問い合わせ
すみだ水族館 当日入場引換券
お問い合わせ
すみだ水族館 年間パスポート引換券
詳細はこちら
すみだ水族館&京都水族館 共通株主優待カード(ORIX)
お問い合わせ
すみだ水族館&京都水族館 共通入場料50%割引券
お問い合わせ

すみだ水族館入園券は金券ショップチケットレンジャーで買取中!

すみだ水族館入園券各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

すみだ水族館入園券について

すみだ水族館入園券とは、東京都墨田区押上の東京スカイツリータウン・ソラマチ5Fと6Fにある水族館にてご利用いただくことの出来るチケットです。

すみだ水族館入園券:入場引換券

すみだ水族館入場引換券は、墨田水族館の入場券とお引換いただけるチケットとなります。

すみだ水族館入場引換券は、1枚につき1名様、有効期限内に限り有効で、当日入場券1枚との引換が可能です。

すみだ水族館入場引換券を水族館5階チケットカウンター窓口にて入場券にお引換ください。

すみだ水族館入場引換券では、年間パスポート等の購入は不可となります。

すみだ水族館入場引換券の払い戻しや換金などは行っておりません。
また、盗難、紛失、滅失等による再発行も行っておりません。
失くさないようにご注意ください。

すみだ水族館入園券:年間パスポート引換券

すみだ水族館年間パスポート引換券は、1枚につき1名様まで、有効期限内に限り有効です。

すみだ水族館年間パスポート引換券を年間パスポート窓口へご提出ください。

すみだ水族館年間パスポート引換券の払い戻し、転売、換金および再発行は出来ません。

すみだ水族館の印がないものは無効となります。

中学生、高校生の方は生徒手帳の提示をお願いする場合がございます。

すみだ水族館年間パスポート引換券にて発行する年鑑パスポートの有効期限は、引換日から1年間です。

料金追加による、種別変更は出来ません。

すみだ水族館年間パスポート引換券でのご入場は出来ません。

すみだ水族館入園券:株主優待カード(ORIX)

オリックスグループの株式をある一定数保有することにより得られる株主優待の中で、すみだ水族館の入場料が割引されるものが、オリックスの株主優待カードです。

オリックス株主優待カードをご利用になるますと、すみだ水族館の場合は入場料金が10%OFFにてご利用いただくことが可能となります。

すみだ水族館チケット売場窓口にて「株主優待カード」をご提示ください。

券売機では、割引の対応ができませんので、窓口にて入場券をお求めください。

オリックス株主優待カードをご利用の場合、割引の人数制限はございません。

中学生・高校生は窓口にて生徒手帳の提示が必要となります。

オリックス株主優待カードは、当日券購入のみ利用が可能です。

他の特典・割引との併用は出来ません。

すみだ水族館入園券:入場料50%割引券

すみだ水族館入場料50%割引券1枚で5名様までご利用可能な割引券です。

すみだ水族館入場料50%割引券は、有効期限の定められた割引券となります。
ご使用の際には、有効期限にご注意ください。

すみだ水族館入場料50%割引券をチケット窓口へご提示ください。

すみだ水族館入場料50%割引券は、他の割引サービスとの併用は出来ません。

すみだ水族館入園券ご利用可能なすみだ水族館について

すみだ水族館※引用:Wikipedia

すみだ水族館入園券ご利用可能なすみだ水族館とは、東京都墨田区押上の東京スカイツリータウン・ソラマチ5Fと6Fにある水族館であり、東京スカイツリータウン・ソラマチがオープンした2012年5月22日にオープン致しました。

こちらのすみだ水族館では、人工海水製造システムを導入し、水槽内の水の完全人工海水化を実現させた、関東では初となる施設です。
内陸型水族館の課題であった、大型車両による海水運搬時に発生するCO2の発生を抑え、さらに年間を通して一定の水質を維持できるため、水槽内の生物にとっても快適な環境を提供することが可能になりました。

またすみだ水族館では、自由導線を採用しており、お客様が自由に水族館内を回遊し、さまざまな角度や視点で水槽を鑑賞できるような工夫を凝らしております。

すみだ水族館は、ショーなどのパフォーマンスよりも、その水族館内の生き物の美しさを最大限に引き出す、魅力的な演出が人々の心をほっとなごませます。

こちらでは、すみだ水族館の魅力的な施設を一部ご紹介したいと思います。

  • クラゲゾーン
    こちらの見所といえば、なんといっても全長50メートルのスロープの壁と天井に約5000枚の鏡を敷き詰めたクラゲ万華鏡トンネルでしょう。
    ふわふわ漂うクラゲと色鮮やかな照明によって常に表情を変えるトンネル内で、まるでクラゲと一緒に浮遊しているような体験ができます。
  • 東京大水槽
    伊豆諸島・小笠原諸島をはじめとする219の島々「東京諸島」の海をテーマとした、彩り鮮やかな魚が群れを成して泳ぐ大水槽です。
    こちらの施設の見所のひとつである「アクアスコープ」では、あえて大水槽の裏側を小さな丸い窓を並べ、その薄暗い様子はまるで海の中を思わせる演出となっております。
  • 江戸リウム
    2015年4月にニューオープンしたゾーンです。
    「江戸」をテーマとしたこのゾーンは「粋」と「雅」を表現する2つのエリアで構成されております。
    「粋」では、水槽を泳ぐマダイなど江戸前の水生生物と江戸時代の絵師・葛飾北斎の浮世絵との時代を超えたコラボレーションを、「雅」では、煌びやかな装飾で彩られたデザイン空間での金魚の展示をお楽しみいただけます。
  • ラボ
    こちらの施設では、飼育スタッフが働く姿や飼育設備などがご覧いただけるほか、飼育スタッフと様々なコミュニケーションが可能です。
    展示されている生き物を観察するだけではなく、水族館で葉たら手いる飼育スタッフがどのような活動をしているのかを身近に感じられる施設です。中でも「アクアラボ」という施設は、飼育設備や飼育スタッフがいきものの世話をする姿など、水族館のバックヤードをご覧いただけます。
    クラゲが成体になるまでの過程を段階的にご覧いただけるほか、飼育スタッフによるクラゲやイソギンチャクの生態解説も行われます。