世田谷美術館チケットの高価買取なら金券ショップへ

世田谷美術館チケットの高価買取一覧

世田谷美術館チケットの高価買取 高価買取価格
世田谷美術館 ファッション史の愉しみ
―石山彰ブック・コレクションより―(開催中!)
詳細はこちら
世田谷美術館 それぞれのふたり〉シリーズ「小泉淳作と小林敬生」
ミュージアム コレクションⅢ(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 スペインの彫刻家フリオ・ゴンサレス
―ピカソに鉄彫刻を教えた男(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 おもしろいかたち・いろいろ
ミュージアム コレクションⅡ(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 生誕100年 写真家・濱谷浩 
―もし写真に言葉があるとしたら(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 金山康喜のパリ
1950年代の日本人画家たち(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 〈それぞれのふたり〉シリーズ「渡辺豊重と平野甲賀」
ミュージアム コレクションⅠ(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 速水御舟とその周辺
―大正期日本画の俊英たち(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 東宝スタジオ展
映画=創造の現場(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 世田谷に住んだ東宝スタジオゆかりの作家たち
ミュージアム コレクションⅢ(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 難波田史男の世界
イメージの冒険(予定)
詳細はこちら
世田谷美術館 川上澄生:木版画の世界
栃木県立美術館所蔵品による(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 フェリックス・ティオリエ写真展
-いま蘇る19世紀末ピクトリアリズムの写真家-(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 ザ・コレクション・ヴィンタートゥール
スイス発―知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 橋本平八と北園克衛展
異色の芸術家兄弟(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 ある造形家の足跡 佐藤忠良展
彫刻から素描・絵本原画まで:1940-2009(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 麻生三郎と世田谷の作家たち
第3期収蔵品展(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 建畠覚造―アトリエの時間
ミュージアム コレクションⅠ(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 小堀四郎と鴎外の娘 ひと筋の道
ミュージアム コレクション II(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 白洲正子 神と仏、自然への祈り
生誕100年特別展 世田谷美術館開館25周年記念(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 駒井哲郎 1920-1976
福原コレクション(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 村山知義の宇宙
すべての僕が沸騰する(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 対話する時間 世田谷美術館コレクションによる現代美術展(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 生誕100年松本竣介展(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 保田春彦―デッサンによる人間探求
ミュージアム コレクションⅢ(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 イタリアの部屋でみる夢
ミュージアム コレクション2011(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 「白と黒の会」の仲間たち 世田谷アーティスト・コロニー
ミュージアム コレクション2012-I(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 花森安治と『暮しの手帖』
ミュージアム コレクション2012-II(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 エドワード・スタイケン写真展
モダン・エイジの光と影1923-1937(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 暮らしと美術と髙島屋
世田美が、百貨店のフタを開けてみた。(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 榮久庵憲司とGKの世界
鳳が翔く(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 アンリ・ルソーから始まる
素朴派とアウトサイダーズの世界(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 実験工房展
戦後芸術を切り拓く(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 高橋秀の世界 版画 1959→2010
ミュージアム コレクション2012-III(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 柚木沙弥郎 いのちの旗じるし
ミュージアム コレクション I(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 気になる、こんどの収蔵品
ミュージアム コレクションII(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 岸田吟香・劉生・麗子
知られざる精神の系譜(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 桑原甲子雄の写真
トーキョー・スケッチ60年(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展
印象派を魅了した日本の美(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて
ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 難波田史男の世界
イメージの冒険(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 画文往還 世田谷の文人たち
ミュージアム コレクションⅢ(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 陶芸家・吉田喜彦
ミュージアム コレクションⅠ(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 塩田コレクション 北大路魯山人展
ミュージアム コレクションⅡ(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 東宝スタジオ展
映画=創造の現場(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 速水御舟とその周辺
―大正期日本画の俊英たち(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 金山康喜のパリ
1950年代の日本人画家たち(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 生誕100年 写真家・濱谷浩 
―もし写真に言葉があるとしたら(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 スペインの彫刻家フリオ・ゴンサレス
―ピカソに鉄彫刻を教えた男(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 世田谷に住んだ東宝スタジオゆかりの作家たち
ミュージアム コレクションⅢ(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 〈それぞれのふたり〉シリーズ「渡辺豊重と平野甲賀」
ミュージアム コレクションⅠ(終了)
詳細はこちら
世田谷美術館 おもしろいかたち・いろいろ
ミュージアム コレクションⅡ(終了)
詳細はこちら

世田谷美術館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

世田谷美術館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

世田谷美術館について

s
引用:Wikipedia

世田谷美術館とは、東京都世田谷区の砧公園のなかにある美術館です。

世田谷美術館では、恵まれた自然環境を生かしたリラックスできる空間の中で、“芸術とは何か”といった根源的なテ-マのもと、分野に偏らない、幅広い視野で企画される展覧会や催し物、講座など様々な活動を行っております。

そんな世田谷美術館は、1986年3月30日に開館致しました。

世田谷区という、他の地域に類を見ないほど芸術家が多く在住している特殊性をいかし、在住作家の作品調査、研究、収集活動を通じ、それらの作品を展覧会などで紹介しております。

また、先史美術(石器時代や青銅器時代,ときには鉄器時代を含めた時代の美術)から現代美術まで、幅広い分野の芸術を国内や海外の美術館・博物館と交流しながら、積極的に紹介。

幅広い年齢層をターゲットとし、音楽や映像など芸術全般にわたる創造活動の紹介や、創作実技の講座、ワークショップなど芸術を多方面から捉えるためのプログラムを行っております。

さらに、芸術分野のみの活動にとらわれず、地域の学校や、「世田谷美術館友の会」、数多くのボランティアの方々と連携した様々な活動を展開して、地域との親睦を深めております。

世田谷美術館ご利用方法

世田谷美術館の開館時間は、10時から18時までとなっております。

世田谷美術館の休館日は、毎週月曜日ですが、祝日の場合はその翌平日が休館日となります。
また、年末年始(12月29日から1月3日)は休館日です。
ただし、展示替の期間中は、企画展・ミュージアム コレクション展示室の両方を閉める場合がございます。

世田谷美術館の観覧料は、企画展ですとその企画内容により異なります。
ミュージアム・コレクションの場合は以下の通りとなります。

一般
65歳以上
大高生
中小生
個人
200円
100円
150円
100円
団体(20名以上のご予約)
160円
80円
120円
80円

小・中学生は、土曜日、日曜日、祝休日及び夏休み期間は無料にてご入館いただけます。

世田谷美術館展示室以外の館内設備(ミュージアムショップ、レストラン、カフェ、ライブラリーなど)であれば、チケットをご購入いただかなくてもご利用いただくことが出来ます。

世田谷美術館では、障害者手帳をお持ちの方は企画展及びミュージアムコレクションの観覧料が割引となります。
ミュージアムコレクションの場合は100円(20名以上の団体は80円)に割り引かれます。
※企画展の場合は各展覧会により料金が異なりますので、ご注意ください。

また、当該障害者1名につき介助の方1名は無料で入場いただけます。

障害者手帳をお持ちの学生(大学生以下)は無料にて世田谷美術館をご利用いただくことが出来ます。

視覚障害者の方へ口頭による鑑賞ガイドを世田谷美術館のボランティアが行います(事前予約制)。

講演会は原則手話通訳がつきます。(通訳がつく場合は、プログラム&イベントに記載しております。)

世田谷美術館所蔵作品について

世田谷美術館では、近現代の作品を中心に、日本国内はもちろん、海外の作品も含め、これまで約15,000点の美術作品を収集してきておりました。
なかでも、素朴派などの作品や、世田谷区ゆかりの作家の作品はコレクションの大きな柱となっています。

また、美食家で、書、器といった様々な分野で才能を発揮した北大路魯山人の作品も世田谷美術館では収集しておりました。
世田谷美術館が所蔵している北大路魯山人作品は、塩田岩治氏が所有していた北大路魯山人の書画から器まで157件の作品が寄贈されたものです。

北大路魯山人は、1883年京都上賀茂に生まれました。
書家として活動を始め、豪商や素封家の食客として放浪の旅をするうち、食に興味を持つようになりました。
1919年に中村竹四郎と、美術骨董店「大雅堂芸術店」を開業、その後は食堂や料亭などを営みはじめ、その際に料理だけではなく、盛る器も手がけるようになりました。

しかし、1936年に竹四郎との間に溝が生じ、魯山人は茶寮を追放され、その後は、作陶に没頭し、『雅美生活』、『陶心雅報』、『独歩』などの小冊子を発行するなど多才な才能を発揮しました。

また、世田谷美術館では、世田谷区ゆかりの作家の作品を多く展示しております。
関東大震災以降、世田谷区は私鉄の開通などによって様々な文化人が移り住むようになり、多くの美術家も世田谷に拠点をおくようになりました。

日本の美術団体である一般社団法人「二紀会」の中心的存在の一人であった画家、宮本三郎も世田谷にアトリエを置いており、世田谷美術館では約4,000点にのぼる宮本三郎の作品を収蔵しております。

現在も、絵画、彫刻、工芸、版画、写真といった様々な分野で活躍中の美術家が世田谷に居を構えており、世田谷美術館では、こうした幅広い分野の世田谷にゆかりのある作家の作品を収集しております。