ポーラ美術館チケットの高価買取なら金券ショップへ

ポーラ美術館チケットの高価買取一覧

ポーラ美術館チケットの高価買取 高価買取価格
ポーラ美術館 ポーラ美術館の絵画―日本の洋画、日本画(開催中!)
詳細はこちら
ポーラ美術館 東洋陶磁×近代陶芸
色でみるやきものの世界(開催中!)
詳細はこちら
ポーラ美術館 美術をじっくり楽しむプロジェクト
「じっくり/JIKKURI 05 つたえる」(開催中!)
詳細はこちら
ポーラ美術館 自然と都市 印象派からエコール・ド・パリまで(開催中!)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ガラス工芸 ガラスとことば(開催中!)
詳細はこちら
ポーラ美術館 Modern Beauty フランスの絵画と化粧道具,
ファッションにみる美の近代 (予定)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ポーラ美術館の日本画(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 アンリ・ルソー パリの空の下で(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 レオナール・フジタ(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 印象派の行方(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 コレクター鈴木常司 美へのまなざし(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 「ルノワール礼讃 ルノワールと20世紀の画家たち」展(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 「いろどる線とかたどる色」
ドガのパステル、シャガールの水彩、マティスの『ジャズ』(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ポーラ美術館の絵画 日本画、日本の洋画を中心に(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ポーラ美術館ガラス工芸名作選(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 紙片の宇宙 シャガール、マティス、ミロ、ダリの挿絵本(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 漆の化粧道具―江戸時代を中心に(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ガラス工芸名作選
エミール・ガレとアール・ヌーヴォーの作家たち(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ポーラ美術館の絵画 日本の洋画、西洋絵画(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 美術をもっと楽しむ展示 じっくり(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ポーラ美術館ガラス工芸名作選(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ポーラ美術館の絵画 西洋絵画 日本の洋画 日本画(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 モディリアーニを探して-アヴァンギャルドから古典主義へ(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 セザンヌ―近代絵画の父になるまで(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ポーラ美術館の絵画― 西洋絵画、日本画、日本の洋画(終了)
詳細はこちら
ポーラ美術館 ルネ・ラリックと香水瓶(終了)
詳細はこちら

ポーラ美術館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

ポーラ美術館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

ポーラ美術館について

polapola
※引用:Wikipedia

ポーラ美術館とは、神奈川県足柄下郡箱根町仙石原にある私立美術館です。
ポーラ美術館の運営は、公益財団法人ポーラ美術振興財団が運営しており、館長は木島俊介氏となります。

ポーラ美術館は、2002年に開館致しました。

ポーラ美術館に収蔵されているコレクションは、ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集したもので、西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、東洋陶磁、ガラス工芸、古今東西の化粧道具など総数1万点にのぼります。

ポーラ美術館では、印象派の作品を多く展示しているため、それらの作品が最も美しく鑑賞できるよう、「7月のパリの夕暮れ」を再現した光ファイバーによる照明を採用しております。

ポーラ美術館の西洋コレクションには、モネ、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホ、ピカソなどの作品が含まれております。

実はこのポーラ美術館の建設にあたって、箱根仙石原が国立公園内であり自然が残る地域であったことから、法的に建設が不可能ということではございませんでしたが、自然保護を主張する住民によって反対運動がございました。

そこで、環境・景観保護の観点から、当初計画より建物の高さを抑えるなどし、美術館の建物はその主要部分が地下に構築されております

ポーラ美術館ご利用方法

ポーラ美術館の開館時間は9時から17時までとなっております。

ポーラ美術館は基本的に年中無休にて開館しておりますが、展示替えのための臨時休館がございますのでご注意ください。

ポーラ美術館の入館料は、以下の通りとなります。

大人
シニア割引
(65歳以上)
大高生
(土日無料)
中小生
(土日無料)
個人
1,800円
1,600円
1,300円
700円
団体(20名以上のご予約)
1,500円
1,500円
1,100円
500円

障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者1名まで、個人・団体とも1,000円にてご入館いただけます。

※シニア割引と障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者1名様に関しては、他の割引との併用は出来ませんのでご注意ください。

ポーラ美術館収蔵作品

ポーラ美術館では、ポーラ創業家2代目の鈴木常司が40数年間にわたり収集コレクションを主に展示しており、その種類は西洋絵画、日本の洋画、日本画、版画、東洋陶磁、ガラス工芸、古今東西の化粧道具などが挙げられます。

  • 西洋 絵画・彫刻
    ポーラ美術館の核となる西洋近代絵画のコレクション約400点は、19世紀から20世紀までのフランスを中心とした、近代美術がもっとも急激な変化を遂げた時代のモノがほとんどです。

    印象派、ポスト印象派、新印象派などが100点、そして1920年代のパリに集まった外国人画家たちのグループ「エコール・ド・パリ」の画家たちの作品100点を中心に、新古典主義のアングル、ロマン主義の画家ドラクロワから、抽象絵画の創始者カンディンスキー、シュルレアリスムの画家たちまで、モダン・アートの流れをたどる構成にてご観覧いただけます。

  • 日本 絵画・彫刻
    モネやルノワールなどフランス印象派の画家たちが活動を開始した1860年代は、日本で言えば、ちょうど幕末から明治維新にかけての時代にあたり、この頃、いわゆる「鎖国」から開国に転じて西洋近代文明の導入に邁進するようになりました。
    そのため、絵画分野においても、西洋文化の影響を受けた者も数多く存在します。
    高橋由一、小山正太郎、浅井忠、黒田清輝、藤島武二、岸田劉生、村山槐多、梅原龍三郎、安井曾太郎などの作品をご観覧しながら、西洋絵画の影響を受けつつも伝統的な美意識を活かし続けてきた日本近代洋画の歴史をたどることができます。

    また、ポーラ美術館の日本画コレクションは、戦後の作品を中心とした約160点で構成されています。
    、コレクションの特徴は、一つには、日本画壇の最高峰にいた画家の作品が収集され、近代日本画の流れを辿れるようになっていること、二つめには、前時代の因習にとらわれず新しい展開を見せた画家たちが選ばれていることです。

  • 工芸と化粧道具
    ポーラ美術館は総数790点のガラス工芸や、中国、韓国、日本の鑑賞古陶磁による東洋陶磁コレクション、世界的にも珍しい6700点の化粧道具コレクションを収蔵しております。