三鷹の森ジブリ美術館チケットの高価買取なら金券ショップへ

三鷹の森ジブリ美術館チケットの高価買取一覧

三鷹の森ジブリ美術館チケットの高価買取 高価買取価格
三鷹の森ジブリ美術館 企画展示「3びきのくま展」(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示「パンダコパンダ展」(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 企画展示『小さなルーヴル美術館』展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示「動物農場展」
~ハラス&バチュラーの仕事~(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 (終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示『路上の人』(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 企画展示『崖の上のポニョ展』(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 ウォレスとグルミット
「ベーカリー街の悪夢」展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 男鹿和雄『秋田、遊びの風景』展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 企画展示『ジブリの森のえいが展
―土星座へようこそ―』(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示『赤毛のアン
~グリーンゲーブルズへの道~』展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 「借りぐらしのアリエッティ」展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 企画展示「ジブリの森のえいが展」(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 『イリュージョニスト』展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 企画展示『ねこバスから見た風景展』(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 『バックさんの物語』展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 『コクリコ坂から』展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 『夜のとばりの物語』展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 新企画展示『挿絵が僕らにくれたもの』展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 「もっと知ろう、沙漠の魔王展」(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 新企画展示のお知らせ 「ジブリの森のレンズ展」(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 「”ひこうき雲”によせて」(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 「かぐや姫の物語」展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 新企画展示のお知らせ 
「クルミわり人形とネズミの王さま展」(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 「思い出のマーニー」展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示 トライホークスの本棚より
「長くつ下のピッピ」展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 幽霊塔へようこそ展(終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 (終了)
詳細はこちら
三鷹の森ジブリ美術館 ギャラリー展示「ミステリーへようこそ」展(終了)
詳細はこちら

三鷹の森ジブリ美術館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

三鷹の森ジブリ美術館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

三鷹の森ジブリ美術館について

jiburi
※引用:Wikipedia

三鷹の森ジブリ美術館とは、東京都三鷹市にある三鷹市立のアニメーション美術館で、正式名称は三鷹市立アニメーション美術館です。

2001年に開館した三鷹の森ジブリ美術館は、1992年、三鷹市が、都立井の頭恩賜公園西園に文化施設建設を条件として使用することを東京都と合意したことが発端となっております。

館主は、ジブリ好きでもそうでない人でも、日本人では誰でもご存知であろう宮崎駿監督です。

宮崎駿監督の想いがたくさん詰まった三鷹の森ジブリ美術館では、もちろんコンセプトはジブリに一環されておりますが、運営方法も宮崎駿監督らしく、固定観念にとらわれない工夫が成されており、老若男女問わずお楽しみいただけるそんな空間となっております。

また、今まで公開されてきたジブリ作品だけの展示ではなく、三鷹の森ジブリ美術館独自の作品や絵を描いたものを発表したり、独自の短編作品を映像展示室などで公開したりと、ジブリファン以外でも新たに楽しめるような美術館となっております。

三鷹の森ジブリ美術館館内について

三鷹の森ジブリ美術館の看板前に到着すると、ジブリの代表的キャラクターのひとつであるトトロがお出迎えしてくれます。

三鷹の森ジブリ美術館の館内に一歩足を踏み入れれば、もうそこはジブリの世界観でいっぱいです。
窓やランプには、ジブリのキャラクターやすてきなお花、かわいい動物の絵が描かれた色とりどりのステンドグラスがはめ込まれており、これらは全て手作りのものです。

天井を見上げれば、ジブリ作品中に出てきたキャラクターたちが描かれたフレスコ画が一面に広がっております。

三鷹の森ジブリ美術館の地下1階から地上2階までの吹き抜けとなった大空間は圧巻です。

天井のガラスのドームには、海を泳ぐ黄色いクジラや、妹たちと泳ぐポニョが描かれ、大きな天井扇が回っております。
階段や廊下の手すりには、取れそうで取れないガラス玉が陽の光を浴びて輝いております。
地下1階から全体を見渡すと、螺旋階段や空中廊下、張り出したテラスなどが、まるで迷路のような空間を作り出しております。

三鷹の森ジブリ美術館では、常設展示も行っており、その常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」は、5つの小部屋で構成されております。

部屋の中には、本やガラス玉やたくさんのがらくたたちが転がり、壁には、イラストやスケッチが、隙間もないほどたくさん貼られており、部屋の天井からは、飛行機の模型やプテラノドンが吊り下げられております。

三鷹の森ジブリ美術館の地下1階には、ジブリ・オリジナル短編アニメーションを公開できる映像展示室「土星座」がございます。

映像展示室「土星座」は、80人程度が入れる小さな映画館です。

三鷹の森ジブリ美術館映像展示室「土星座」でしか観られないジブリ作品を公開しております。

映像展示室では、電車に見立てられたガラス張りの映写室の中で、映写技師のおじさんが大きな映写機を使ってフィルムをまわしているようすを覗くことができます。

また、三鷹の森ジブリ美術館には図書閲覧室「トライホークス」がございます。

この図書閲覧室「トライホークス」には、館主である宮崎駿監督とジブリがオススメする絵本や児童書が置かれております。

「子ども達にふしぎなものを見て、触れて、感じて欲しい。」という三鷹の森ジブリ美術館美術館並びに宮崎駿館主のこの思いを「本」という形で伝えていく場所として作られました。

上記にてお伝えした館内施設以外にも、ジブリにまつわる施設はまだまだ数多く存在します。
今まで全国公開されてきたジブリ映画をモチーフにした部屋もあり、まさにジブリの世界観を現実世界にて体験できるような空間となっております。