目黒区美術館チケットの高価買取なら金券ショップへ

目黒区美術館チケットの高価買取一覧

目黒区美術館チケットの高価買取 高価買取価格
目黒区美術館 気仙沼と、東日本大震災の記憶
リアス・アーク美術館 東日本大震災の記録と津波の災害史(開催中!)
詳細はこちら
目黒区美術館 没後40年 髙島野十郎展
―光と闇、魂の軌跡(予定)
詳細はこちら
目黒区美術館 童画の国から展(予定)
詳細はこちら
目黒区美術館 区展(予定)
詳細はこちら
目黒区美術館 色の博物誌展(予定)
詳細はこちら
目黒区美術館 めぐろの子どもたち展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 ベルナール・ビュフェ展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 エミール・ガレの生きた時代(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 紅心 小堀宗慶展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 遊びのなかの色と形展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 区展(区民作品展)(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 鉄を叩くー多和圭三展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 めぐろの子どもたち展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 包む―日本の伝統パッケージ展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 ラファエル前派からウィリアム・モリスへ(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 スケッチブックの使い方
-描いたり歩いたり、そしてまた描いたり(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 区展(区民作品展)(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 DOMA秋岡芳夫展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 メグロアドレス―都会に生きる作家(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 シャルロット・ペリアンと日本(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 古茂田守介ふたたび、蘇った絵画 展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 区展(目黒区民作品展)(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 もうひとつの川村清雄展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 めぐろの子どもたち展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 記憶写真展-お父さんの撮った写真、
面白いものが写ってますね+特集展示
「秋岡芳夫全集1 秋岡芳夫とKAKの写真」(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 佐脇健一展 未来の記憶(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 PAPER-紙と私の新しいかたち-展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 区展(区民作品展)(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 土屋幸夫展-美術家、デザイナー、教育者(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 めぐろの子どもたち展(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 岡田謙三&目黒界隈のモダンな住人たち展
同時開催:特集展示「秋岡芳夫全集2-童画とこどもの世界展」(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 マルク・シャガール-版画の奇跡 無限大の色彩(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 ジョージ・ネルソン展
-建築家、ライター、デザイナー、教育者(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 区展(区民作品展)(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 (終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 ふたつの時代ー所蔵品でたどる「パリの日本人」第一部
フジタのいる街角ー巴里の誘惑、1910~30年代(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 ふたつの時代ー所蔵品でたどる「パリの日本人」第二部
戦後世代の横顔ーパリの革新、1950~60年代+〔秋岡芳夫全集3〕(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 新潟市美術館の名品たち-ピカソとクレーもやってきた(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 村野藤吾の建築-模型が語る豊饒な世界(終了)
詳細はこちら
目黒区美術館 区展(区民作品展)(終了)
詳細はこちら

目黒区美術館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

目黒区美術館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

目黒区美術館について

meguro
※引用:Wikipedia

目黒区美術館とは、東京都目黒区にある美術館です。

1987年に目黒区民センターの一角に目黒区美術館はオープン致しました。

目黒区美術館では、近現代のわが国の作家による美術作品を収集し、これらを所蔵作品展で公開するほか、内外の多様な美術の動向をとらえた企画展を積極的に開催しております。
また、ワークショップ活動にも力を入れており、展示と体験活動を融合させる新たな試みは、目黒区美術館ならではの特色といえます。
さらに、身近に利用できる貸出会場として区民ギャラリーを設けるなど、ご利用方法がさまざまです。

区民ギャラリーでは、みなさんの作品発表の場として館内に設置されており、展示室、エントランス、搬出入口、控え室などから構成されております。
なお、区民ギャラリーで展示可能な作品は、絵画、彫刻、書、工芸、立体、映像など美術に関するものです。

【目黒区美術館区民ギャラリーご利用の流れ】

  1. 偶数月第2土曜日の抽選会に参加します。
  2. 抽選に見事当選しましたら、利用料金を支払います。
    利用料は、抽選会より28日以内に現金にて支払います。
    その利用料と引き換えに「施設利用承認書」が手渡されます。
    ※期日までに支払わないとキャンセル扱いとなりますのでご注意ください!
  3. 展覧会名や公開期間を、利用日の2ヶ月前までにご連絡ください。
  4. 展示計画が決まりましたら、展示計画書をご提出のうえ、事前打ち合わせを行ってください。
    ※具体的な展示方法、可動壁の位置などを係員と打ち合わせ致します。
  5. 利用日になりましたら、展覧会を開催してください。

目黒区美術館では、日本の近現代美術の流れとその特徴を理解するための優れた作品を体系的に収集、欧米とのかかわりの中での日本独自の展開に焦点をあてております。
特に明治以降、日本人が海外に学んで制作した作品、特に作家が自己のスタイルを模索する過程から生まれた新鮮な作品群や、戦後、国際展に出品され高い評価を得た作品群を中心に、目黒ゆかりの作家や同時代の作品を収集しております。

また、その作品背景を知る上で重要となってくる作家や作品に関わりのあった周辺資料も積極的に収集しており、その作品をより深く読み解くために尽力しております。

目黒区美術館活動内容

目黒区美術館では、日本の近代から現代にかけての作家作品を普及していくためにさまざまな活動を行っております。

  • 展覧会
    目黒区美術館では、近現代の美術の多様な展開に身近に接していただけるよう、幅広いテーマで創造的な企画展示を展開しております。
    これまで取り上げられることの少なかった作家や作品にも眼をそそぎ、現代の動向も積極的に取り上げております。
    また、美術の枠にとらわれず、日常の中の優れたデザインなど、目黒区美術館ならではの視点で作品を紹介しております。
    目黒区美術館館の所蔵品については、さまざまな角度からテーマを定めた「所蔵作品展」にて公開しております。
  • 教育普及
    目黒区美術館では、美術とより身近に接していただくために、さまざまな教育普及活動を行っております。
    展覧会と一体となった講演会、音楽会、公開制作、ワークショップ、そして魅力ある講師による美術講座など、地域の美術館ならではのきめ細かい内容で開催しております。
    その他、展覧会をよりわかりやすく解説したパンフレット類や、ニュースレター『ピリエ』を発行しております。
  • ワークショップ
    「ひと」と「ひと」、「ひと」と「もの」、「ひと」と「こと」の関係性にこだわりながら、美術を通じた新しいコミュニケーション活動として、幅広い年齢層を対象にしたプログラムを、春・夏に開催しております。
    特に作品展示と密接に関連づけた夏の企画では、毎回身近なテーマを取り上げ、五感に訴えかけるダイナミックな表現活動の機会を、開館以来多くの方々に提供してきました。
    オリジナルの教材として『画材と素材の引き出し博物館』を制作、さまざまな企画の中で役立てております。