国立西洋美術館チケットの高価買取なら金券ショップへ

国立西洋美術館チケットの高価買取一覧

国立西洋美術館チケットの高価買取 高価買取価格
国立西洋美術館 日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展(予定)
詳細はこちら
国立西洋美術館 聖なるもの、俗なるもの メッケネムとドイツ初期銅版画(予定)
詳細はこちら
国立西洋美術館 クラーナハ展(予定)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ジョルジュ・ド・ラ・トゥール: 光と闇の世界(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 マックス・クリンガー版画展:
《イヴと未来》《ある生涯》《ある愛》(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ドレスデン国立美術館展: 世界の鏡(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 いろいろメガネPart 1: あなたの見かた教えてください(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 フリッツ・ルフト・コレクションの所蔵作品による 
キアロスクーロ: ルネサンスとバロックの多色木版画(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 国立西洋美術館所蔵版画展 
《ローマの景観》:ピラネージのまなざし(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 いろいろメガネPart 2: みんなの見かた紹介します(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ロダンとカリエール(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 芸術家とアトリエ展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ベルギー王立美術館展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 フランク・ブラングィン版画展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ムンクが描くイプセン(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 イタリア・ルネサンスの版画展:
チューリヒ工科大学版画素描館の所蔵作品による(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 平成14-18年度新収版画作品展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 パルマ─イタリア美術、もう一つの都(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 祈りの中世─ロマネスク美術写真展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ムンク展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 国立西洋美術館所蔵 ヨーロッパ美術の精華
 ―神々と自然のかたち―(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ウルビーノのヴィーナス 
古代からルネサンス、美の女神の系譜(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 コロー 光と追憶の変奏曲(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 日本テレビ開局55年記念事業
ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ル・コルビュジエと国立西洋美術館(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 かたちは、うつる―国立西洋美術館所蔵版画展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 古代ローマ帝国の遺産
―栄光の都ローマと悲劇の街ポンペイ―(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ローマ 未来の原風景 by HASHI(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 フランク・ブラングィン展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 所蔵水彩・素描展―松方コレクションとその後(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 オノレ・ドーミエ版画展
―『カリカチュール』と初期の政治諷刺画―(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展 
ルネサンスからバロックまで(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 19世紀フランス版画の闇と光
― メリヨン、ブレダン、ブラックモン、ルドン(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 アルブレヒト・デューラー版画・素描展 
宗教/肖像/自然(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 アウトサイダーズ(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 レンブラント 光の探求/闇の誘惑(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 奇想の自然-レンブラント以前の北方版画(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 大英博物館 古代ギリシャ展  究極の身体、完全なる美(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ウィリアム・ブレイク版画展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ユベール・ロベール-時間の庭(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ピラネージ『牢獄』展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 クラインマイスター:
16世紀前半ドイツにおける小画面の版画家たち(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 手の痕跡
国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描 (終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 彫刻の魅力を探る (終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 マックス・クリンガーの連作版画
――尖筆による夢のシークエンス(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 国立西洋美術館所蔵 ヨーロッパの近代美術(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ラファエロ(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 風景―国立西洋美術館素描コレクションより(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ピカソが描いた動物たち―ビュフォン
『博物誌』にもとづく挿絵本より(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ル・コルビュジエと20世紀美術(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 システィーナ礼拝堂500年祭記念 
ミケランジェロ展―天才の軌跡(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 イタリア版画展―新収作品を中心に(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ソフィア王妃芸術センター所蔵 
内と外―スペイン・アンフォルメル絵画の二つの『顔』(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 国立西洋美術館×ポーラ美術館 
モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 生誕150周年記念
国立西洋美術館所蔵 エドヴァルド・ムンク版画展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ジャック・カロ―リアリズムと奇想の劇場(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 橋本コレクション 指輪 神々の時代から現代まで
― 時を超える輝き(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 私は見た:
フランシスコ・デ・ゴヤの版画における夢と現実(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 日本・スイス国交樹立150周年記念 
フェルディナント・ホドラー展(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ネーデルラントの寓意版画(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 グエルチーノ展 よみがえるバロックの画家(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 世紀末の幻想――近代フランスのリトグラフとエッチング(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 ボルドー展 ―美と陶酔の都へ―(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 没後50年 ル・コルビュジエ
― 女性と海 大成建設コレクションより(終了)
詳細はこちら
国立西洋美術館 黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝(終了)
詳細はこちら

国立西洋美術館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

国立西洋美術館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

国立西洋美術館について

seiyou
引用:Wikipedia
国立西洋美術館とは、東京都台東区の上野公園内にある、西洋の美術作品を専門とする美術館で、独立行政法人国立美術館が運営しております。

国立西洋美術館は、フランス政府から寄贈返還された松方コレクション(印象派の絵画およびロダンの彫刻を中心とするフランス美術コレクション)を基礎に、西洋美術に関する作品を広く公衆の観覧に供する機関として、1959年4月に発足致しました。
2009年には開館50周年となり、さらなる発展が期待されます。

以来、広く西洋美術全般を対象とする唯一の国立美術館として、展覧事業を中心に、西洋美術に関する作品および資料の収集、調査研究、修復保存、教育普及、出版物の刊行等を行っております。

当館設立の趣旨である松方コレクションの作品および創立以来毎年購入しているルネサンス以降20世紀初頭までの作品および寄贈・寄託作品を常設展として年間を通して開催しております。

【国立西洋美術館豆知識】
株式会社川崎造船所の社長であった松方幸次郎は、20世紀初めにフランスで多くの美術品を収集したが、コレクションは第二次世界大戦後、サンフランシスコ平和条約によりフランス政府から敵国資産として差し押さえられてしまいました。
サンフランシスコ平和条約調印の際、吉田首相はフランス国全権シューマン外相に対し同コレクションの返還方を考慮されたい旨申し入れました。
以後この交渉は日仏両国政府間の交渉に移され、松方コレクションが日本に返還(一部名画は未返還)される際のフランス大使館の条件として、国立西洋美術館が建設されることとなりました。

また、企画・特別展専用の展示室として1997年度竣工した企画展示館において欧米の美術館等からの借用作品によって当館の自主的な特別展を年1回、さらに新聞社等との共催展を年2回程度開催し、西洋美術の紹介に尽力しております。

国立西洋美術館の松方コレクションについて

国立西洋美術館は1959年、フランス政府から日本へ寄贈返還された「松方コレクション」を保存・公開するために設立されました。

国立西洋美術館の松方コレクションを築いた松方幸次郎(1865‐1950)は、明治の元勲で総理大臣も務めた松方正義の三男です。

松方幸次郎が美術品の収集を始めたのは、第一次大戦中のロンドン滞在時のことです。
大戦により造船で多大な利益を上げた松方は、1916年から約10年の間にたびたびヨーロッパを訪れては画廊に足を運び、絵画、彫刻から家具やタペストリーまで、膨大な数の美術品を買い集めました。

現在は東京国立博物館が所蔵する、パリの宝石商アンリ・ヴェヴェールから買い受けた浮世絵コレクション約8千点を含め、彼が手に入れた作品の総数は1万点におよぶと言われます。

松方は自分の趣味のために作品を収集していたわけではなく、自分の手で日本に美術館をつくり、若い画家たちに本物の西洋美術を見せてやろうという思いから作品収集にあたっていたのです。

松方は購入した作品を持ち帰り、美術館を建てて公開する準備をしておりましたが、1927年の経済恐慌の影響によりメインバンクの十五銀行が休業、川崎造船も経営危機に陥り、松方は社長の座を降りて自らの財産を会社の財務整理にあてます。
これまで日本に運ばれていた美術品は数度にわたる展覧会で売り立てられ、散逸してしまいました。

松方が収集した美術品のうち、かなりの数がヨーロッパに残されておりましたが、ロンドンの倉庫にあった作品群は1939年の火災で失われ、現在ではその内容や数さえも確かではありません。

一方、パリに残された松方コレクションの約400点の作品は、リュクサンブール美術館(当時のフランス現代美術館)の館長レオンス・べネディットに預けられ、彼が館長を兼任したロダン美術館の一角に保管されておりました。
この作品群は第二次大戦の末期に敵国人財産としてフランス政府の管理下に置かれ、1951年、サンフランシスコ平和条約によってフランスの国有財産となりますが、その後、フランス政府は日仏友好のためにその大部分を「松方コレクション」として日本に寄贈返還することを決定しました。

現在では西洋美術のコレクションのうち、近代フランスの絵画・彫刻等約370点は、東京・上野の国立西洋美術館に収蔵され、公開されております。