原美術館チケットの高価買取なら金券ショップへ

原美術館チケットの高価買取一覧

原美術館チケットの高価買取 高価買取価格
原美術館 森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私
詳細はこちら
原美術館 加藤泉 – LIKE A ROLLING SNOWBALL(終了)
詳細はこちら
原美術館 The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project(終了)
詳細はこちら
原美術館 「ソフィ カル ─ 限局性激痛」原美術館コレクションより(終了)
詳細はこちら
原美術館 ハラドキュメンツ10|佐藤雅晴―東京尾行(終了)
詳細はこちら
原美術館 現代美術ギャラリー 春季-原美術館コレクション[仮題(終了)
詳細はこちら
原美術館 觀海庵 原六郎コレクションⅠ[仮題](終了)
詳細はこちら
原美術館 原美術館コレクション展(仮題)(終了)
詳細はこちら
原美術館 特別展示室 觀海庵 原六郎コレクションⅡ[仮題](終了)
詳細はこちら
原美術館 篠山紀信展 快楽の館(終了)
詳細はこちら
原美術館 崔在銀展―アショカの森―(終了)
詳細はこちら
原美術館 ウィリアム エグルストン:パリ―京都(終了)
詳細はこちら
原美術館 「アート・スコープ2009-2011」-インヴィジブル・メモリーズ-(終了)
詳細はこちら
原美術館 ミン ウォン:ライフ オブ イミテーション(終了)
詳細はこちら
原美術館 Be Alive!-原美術館コレクション(終了)
詳細はこちら
原美術館 MU[無]-ペドロ コスタ&ルイ シャフェス(終了)
詳細はこちら
原美術館 ホームアゲイン-Japaneseを体験した10人のアーティスト(終了)
詳細はこちら
原美術館 ハラドキュメンツ9 安藤正子-おへその庭(終了)
詳細はこちら
原美術館 杉本博司 ハダカから被服へ(終了)
詳細はこちら
原美術館 ジャン=ミシェル オトニエル:マイウェイ(終了)
詳細はこちら
原美術館 森村泰昌 レンブラントの部屋 再び(終了)
詳細はこちら
原美術館 坂田栄一郎-江ノ島(終了)
詳細はこちら
原美術館 ソフィカル-最後のとき/最初のとき(終了)
詳細はこちら
原美術館 開館35周年記念 原美術館コレクション展(終了)
詳細はこちら
原美術館 「アート・スコープ2012-2014」(終了)
詳細はこちら
原美術館 ニコラビュフ:ポリフィーロの夢(終了)
詳細はこちら
原美術館 ミヒャエル ボレマンス:アドバンテージ(終了)
詳細はこちら
原美術館 そこにある、時間-ドイツ銀行コレクションの現代写真(終了)
詳細はこちら
原美術館 サイトゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡(終了)
詳細はこちら
原美術館 蜷川実花:Self-image(終了)
詳細はこちら

原美術館チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

原美術館チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

原美術館について

hara
※引用:Wikipedia

原美術館は、東京都品川区北品川にある、原俊夫が設立した現代美術を中心とした私立美術館です。

原美術館は、原邦造の私邸として設計されたもので、1938年に竣工しております。
設計を手がけたのは、上野の東京国立博物館本館や銀座の和光本館(旧服部時計店)の設計で知られる、当時の代表的な建築家渡辺仁でした。

原美術館は、財団法人(現・公益財団法人)アルカンシェール美術財団を母体として1979年に開館し、最新現代美術を紹介する展覧会を多く開催しております。

原美術館とは別に、群馬県渋川市の伊香保グリーン牧場内に「ハラ ミュージアム アーク」が存在します。
公益財団法人アルカンシェール美術財団は、現代美術とは別に、原六郎コレクションの古美術も所有しており、それらは「ハラ ミュージアム アーク」に保管されております。

原美術館の開館時間は、11時から17時までとなっております。
ただし、祝日を除いた水曜日のみ20時まで開館しております。

原美術館の休館日は、毎週月曜日となっておりますが、祝日の場合はその翌日を休館日とします。
また、展示替え期間や年末年始も休館日となっております。

原美術館の入館料は、一般1,100円、大・高生700円、小・中生500円となります。
原美術館メンバーは無料にてご入館いただけます。
また、学期中の土曜日は、小・中・高生の入館料は無料となります。

団体20名以上のご利用の場合、1人100円引きにてご利用いただくことが出来ます。

原美術館メンバーシッププログラム

原美術館メンバーシッププログラムとは、より原美術館をお楽しみいただくためのプログラムとなっており、原美術館のメンバーとして美術館の活動をサポートしつつ、さまざまなイベントなどを通して現代美術を体験していくことが出来ます。

原美術館のメンバーになると作家やキュレーターのレクチャーやトーク、ワークショップ、ダンスパフォーマンスやコンサートなどさまざまなイベントに特別料金でご参加いただけるほか、企画展ごとのオープニングレセプションへのご招待、ミュージアムショップでの10%割引などの特典があります。 メンバーは会員証のご提示により年間いつでも無料でご入館いただけます。

原美術館メンバーシッププログラムには、いくつかのカテゴリーと、それぞれのカテゴリーに応じた特典がございます。
もっともポピュラーな一般カテゴリーフレンズのほか、サポートと特典の2つの面においてフレンズをさらにすすめた個人賛助会員や、企業による文化支援を可能にする法人賛助会員のプログラムがございます。

原美術館創設者の原邦造について

原美術館創設者である原邦造氏とは、東京ガス会長、日本航空会長、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)総裁などを歴任した実業家です。

原邦造氏は、日本の幕末から大正期の銀行家であり実業家の原六郎氏の養子でした。

原邦造氏は、京都大学を卒業後に、金融・生命保険業界に足を踏み入れ、その輝かしい功績を残しました。

また、原邦造氏は敬虔なクリスチャンとしても知られており、事業のかたわら教育、宗教などの公共事業にも力を入れておりました。

原六郎氏、原邦造氏の二人とも美術品の蒐集を行っておりました。

原美術館は原邦造氏の邸宅を活用しているもので、設計は上野の東京国立博物館本館や銀座の和光本館(旧服部時計店)の設計で知られる渡辺仁が行いました。