アド・ミュージアム東京チケットの高価買取なら金券ショップへ

アド・ミュージアム東京チケットの高価買取一覧

アド・ミュージアム東京チケットの高価買取 高価買取価格
アド・ミュージアム東京 第58回 日本雑誌広告賞展(開催中!)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第54回 JAA広告賞
消費者が選んだ広告コンクール展(開催中!)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 世界を幸せにする広告 GOOD Ideas for GOOD(予定)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 TCC広告賞展2016(予定)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第69回 広告電通賞展(予定)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 D&AD賞展2016(予定)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 One Show展 2016(予定)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第59回 日本雑誌広告賞展(予定)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第55回 JAA広告賞 
消費者が選んだ広告コンクール(予定)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 One Show 2009展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第49回消費者のためになった広告コンクール展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第6回 クリエーティブ トップ ナウ展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 スチューデント クリエーティブ
-学生広告賞展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第16回 中国国際広告祭展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 TCC広告賞展2010(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第63回 広告電通賞展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 <特別企画展>
マディソン・アベニューの履歴書-時代をつくった男と女-(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 D&AD賞 2010展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 台湾広告展2010(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第53回 日本雑誌広告賞入賞作品展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第50回消費者のためになった広告コンクール展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第7回 クリエーティブトップナウ展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第2回 スチューデント クリエーティブ 学生広告展
(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 The Ultra Asian(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 TCC広告賞展2011(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第64回 広告電通賞展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 特別企画 「WOMEN on the TOWN
―三越とパルコ、花開く消費文化」(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 D&AD賞2011展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第89回 ニューヨークADC賞入賞作品展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第54回「日本雑誌広告賞」入賞作品展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 One Show 2011展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第51回消費者のためになった広告コンクール展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京  災害とコミュニケーション
-2011.3.11からの広告(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第8回 クリエーティブトップナウ展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第3回 スチューデント クリエーティブ 学生広告展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第90回 ニューヨークADC 賞入賞作品展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第65回 広告電通賞展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 「日本のCMのぜんぶ1953-2012
    ―たった15秒なのに、何十年もおぼえている。」(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 D&AD賞2012展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 TCC広告賞展2012(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第52回 消費者のためになった広告コンクール展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第55回 日本雑誌広告賞入賞作品展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 One Show 2012展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 TCC広告賞展2013(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第66回広告電通賞展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第9回 クリエーティブトップナウ展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第4回 スチューデント クリエーティブ 学生広告展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 美しき、ブラックリスト展
-英国D&AD賞50年の軌跡(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第57回 日本雑誌広告賞入賞作品展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 すごいやり方。ONE SHOW 2014(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 TCC広告賞展 2015(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第68回 広告電通賞展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 ピュア・デザイン D&AD Awards 2015展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 第11回 クリエーティブトップナウ展(終了)
詳細はこちら
アド・ミュージアム東京 アナザー・マウンテン ONE SHOW 2015(終了)
詳細はこちら

アド・ミュージアム東京チケットは金券ショップチケットレンジャーで買取中!

アド・ミュージアム東京チケット各種は金券ショップチケットレンジャーで買取しております。
郵送買取および各店舗にて買取しております。

金券・チケットのご売却(買取)について
店舗案内でご確認ください。

アド・ミュージアム東京について

damt
※引用:Wikipedia

アド・ミュージアム東京とは、東京都港区のカレッタ汐留にある、広告をテーマにした企業博物館です。

電通の4代目社長である吉田秀雄の生誕100年を記念し、広告に関する研究助成活動を行う公益財団法人吉田秀雄記念事業財団により、2002年12月に開館致しました。

公益財団法人吉田秀雄記念事業財団は、1963年に逝去した日本の広告業界に多大なる功績を残した電通第4代社長吉田秀雄の遺志を継承する目的で、1965年に電通によって設立されました。
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団の目的である「わが国におけるマーケティング特に広告に関する分野の振興をはかるとともに、その研究を奨励助成し、一般にマーケティング特に広告に関する理論、技術の向上普及につとめ、わが国経済、産業ならびに文化の発展に寄与せんとするものである」(設立趣意書)を達成するため、マーケティング特に広告に関連する分野の研究者に対する研究費の助成、および国内外の研究グループに対する研究委託、機関誌『AD STUDIES』(季刊)の発行、「アド・ミュージアム東京」の運営等の活動を行っております。

アド・ミュージアム東京は、日本初の広告資料館で、地下1階・2階の約1,200㎡のスペースに、広告図書館、展示ホール、AVホールを備えた入場無料の複合施設です。
“広告図書館”は2万冊を越える専門図書を擁する日本で唯一のマーケティングと広告の専門図書館で、図書の閲覧はもちろん、 江戸時代から現代までのデジタル化された約20万点におよぶ広告関係資料や作品を、データベース上で検索・閲覧することができます。

アド・ミュージアム東京開催されている常設展はすべて無料にてご利用いただけます。
アド・ミュージアム東京の常設展では、江戸期の広告から今日のTVCMまで、約18満点もの収蔵資料の中から、歴史的な広告資料を時代別に常設展示しています。
常設展に展示してある広告を順に見ていくだけで、その当時の日本の社会・風俗・流行などを知ることが出来ます。

アド・ミュージアム東京の開館時間は、平日11時から18時30分、土曜日・祝日が11時から16時30分となります。

アド・ミュージアム東京の休館日は、日曜日と月曜日ですが、月曜日が祝日または振替休日の場合は火曜日が休館日となります。

アド・ミュージアム東京施設案内

  • ミュージアムショップ
    アド・ミュージアム東京ミュージアムショップでは、広告・マーケティング関連図書、広告関連雑誌を中心とした専門書籍のほか、収蔵作品をデザインしたポストカードを始め、アド・ミュージアム東京の収蔵作品をデザインに用いたミュージアム・グッズなどを販売しております。
  • AVホール
    アド・ミュージアム東京のAVホールは、大型のスクリーンを備えた多目的のホールです。
    通常は、『時代の合わせ鏡 広告』と題した14分のショートフィルムを上映しております。
    こちらの『時代の合わせ鏡 広告』では、日本で広告活動が活発化し始めた18世紀の江戸時代から、今日までの日本の広告の歴史を解説していき、当時の社会情勢、人々の暮らし、メディアの変遷を背景としながら、広告がどのような道をたどってきたのかというような広告に関する知識をより深めることが出来ます。
    団体見学の場合、事前のご予約をいただければ英語、中国語、韓国語に翻訳されたフィルムを上映していただけます。
  • 広告図書館
    アド・ミュージアム東京に併設されている広告図書館は、主として広告およびマーケティングに関連する和書約1万6000冊、洋書約3700冊、雑誌約195タイトル(2015年8月現在)を所蔵している専門図書館です。
    広告およびマーケティングに関する研究の振興・普及のために、資料の収集から提供、レファレンスサービスなど各種業務を行っており、館内資料を閲覧希望の方に公開しております。
    アド・ミュージアム東京が所蔵する広告作品のデジタルアーカイブを、館内に設置した専用端末で検索・閲覧できるサービスを提供しております。

アド・ミュージアム東京、吉田秀雄氏について

アド・ミュージアム東京、吉田秀雄氏は、1903年11月、福岡県の小倉に生まれました。

吉田秀雄氏は、1928年4月に電通の前身である日本電報通信社に入社しました。
入社後は、地方内勤課勤務にはじまり、営業局地方部長、取締役、常務取締役を経て、43歳という若さで電通の代表取締役社長に就任致しました。

吉田秀雄氏の広告業界における功績は大きく、広告取引の適正化や、「日本広告会」の結成、「国際広告協会(IAA)」の極東地区副会長就任、「日本国際広告協会」の創立、「アジア国際広告会議」の開催、アジア初の「IAA賞」受賞など。

また、日本の民間放送の開始にいち早く取り組み、民放発足後の初期の発展に主導的役割を果たしました。

吉田秀雄氏が掲げた「鬼十則(昭和26年制定)」は、有名です。